【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【FUJIFILM】新製品の一眼レフ「X100V」をチェック

X100F X100V FUJIFILM 富士フィルム 富士フイルム

富士フイルムの一眼レフ「X100V」をチェック

カテゴリ的には「高級コンデジ」なのですが
「一眼レフ」という名称の方がピンと来ると思うので…。

 

 

今でもお気に入りデバイス上位のひとつです。

前モデルとの主な違い

X100F X100V FUJIFILM 富士フィルム 富士フイルム

センサーのサイズは今回も「APS-C」なので、そこまで大きな変化はないと思います。が、エンジンはX-Trans CMOS IIIからX-Trans CMOS 4に変化はしています。そういう意味では画質はさらに向上していそうです。

 

X100F X100V FUJIFILM 富士フィルム 富士フイルム

念願の「USB-C端子」を搭載

ちょっと前までは「Micro-USB」が一般化しそうな流れだったのですが、今はめっきり「USB-C」が一般化されています。USB-C端子が発表されて最初の数年は「3.0とか2.0とか3.1genとかPDとか色々あるけどどのUSB-Cを買えば…」と世間は混乱していたイメージがありました。ただ、結局の所「充電が出来ればそれでいい」という人には手軽に挿せればそれでいいのです。USB-Cの良い点はリバーシブルな端子という一点です。これが搭載されたのは最高ですね。

(充電速度を上げるのであれば、PD(PowerDerivery)対応のアダプターが必要です)
(転送速度を上げるのであれば、ケーブルがUSB 3.1genに対応している必要があります)

幸い本製品はUSB 3.1genに対応しているので、動画も写真も転送速度に不満を持つことはなさそうです。X100F同様に、USB-Cケーブルも付属していると思います。

 

液晶がチルト式に

GIZMODO - photoヤマダユウス型

引用元 : GIZMODO : Photo:ヤマダユウス型

Nikon1 J5を使っていた頃にチルト式液晶を初めて使ったのですが、これがいかんせん便利です。自撮りもしやすくカメラ本体が地面に近い時でも、カメラを最大限に持ち上げても、液晶を動かせば確認もしやすくて。ただ、チルトで動かしている時に当たりどころが悪いと、すぐ壊れそうだなあと思いましたが、そこは杞憂でした。そもそもカメラ撮影時にそこまで激しい動きはしません。

このチルトですが写真を見る限りでは、自撮りとかは難しそうなチルトです。実際に触ってみないとわかりませんが、果たしてどうなっているのか。

Nikon1J5

Nikon1J5のチルト。自撮りがしやすく周りでは好評でした。

 

イメージセンサーの種類

スマートフォンのイメージセンサの大きさが「1/2.3型」
一眼レフのイメージセンサの大きさが「APS-C」〜「フルサイズ」

勿論大きい方が画質が良いので、フルサイズとなるとウン十万はします。この手のサイズはプロ向けなので、大体記者や写真家・カメラマンなどの写真をウリとしている層がメインターゲットでしょう。

それに比べてフルサイズ以下となると一般、アマチュアの人でも手が届くような価格(それでも高い)となっているので、購入しやすい。そし一番所有者が多いと思われます。

 

製品動画

製品ページ

X100V 製品情報

 

関連商品(旧製品)

【FUJIFILM】新製品の一眼レフ「X100V」をチェックleisureed

X100Fを購入して1年弱、画質も良くて持ち歩きがしやすいので使用頻度は高いです。レンズ交換ができないのがネックですが、撮る度に毎回変えるのが煩わしく感じてきた私にとってはかえって利点になりました。

NikonD3100の時は結局大きくて使用率が極端に…
Nikon1J5は小さくて軽量で良かったのですが、徐々に画質に不満を感じるように…

自分が満足するカメラに出会うのって、中々難しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA