【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【プレイレビュー】Red Dead Redemption2を試す【冒頭のみ】

 

レッド・デッド・リデンプション2を試す

 

RDR1から早8年、満を期して発売されたRDR2。一体どうなってしまうのか。
軽く触りだけを書いていきます。

 

実際にプレイする (スクリーンショット)

【プレイレビュー】Red Dead Redemption2を試す【冒頭のみ】

ウサギだけでなく、大体の動物がハント(狩)が可能らしい。

 

【プレイレビュー】Red Dead Redemption2を試す【冒頭のみ】

実際に料理が出来てしまう。

 

 

その他、ゲームの雰囲気など

冒頭は雪国からの始まり。深雪や吹雪の作り込みがとんでもないと感じさせるシーンが多く、冒頭から見入ってしまう。

肝心の操作性はというと、長押しと短押しするものが多く、全体的にリアルさを追求しすぎてもっさりになってしまっている。これに加えて、コントローラーだけで操作できるように詰め込んだ感じは否めない。なので必然的に、操作方法が一般的なゲームよりも多いと考えて間違いはないだろう。

キャラクターや動物の動作は、中々の再現度。質感や動きなど、本物と錯覚するかのような画質だ。4Kでこれなので、これにHDR搭載ディスプレイでプレイすると、もっと凄いのかもしれない。

 

カメラについて

カメラ動作についてはトレーラー通り、今作からはFPS視点(一人称視点)がある。

・TPS視点(近)

・TPS視点(中)

・TPS視点(遠)


・FPS視点

の4種類だ。
揺れなどの設定増減もあるので、酔いやすい人は「揺れ」の設定を変更推奨だろう。

視点動作は自然に見せる為の設定なのか、若干の慣性があり、序盤は違和感があるかもしれない。

 

○ボタン、×ボタンの仕様

洋ゲーではよくあるのだが、そのよくある仕様をRDR2にも入れられてしまった。
「○ボタンがキャンセル、×ボタンが決定」
という仕様に。なので、洋ゲーをあまりしないプレイヤーはこれが一番違和感が出ると思われる。

 

 

まとめ

冒頭でも述べた通り、リアルさを追求しすぎて、かなりもっさりなゲームに。
最近のゲームで例を挙げると
スパイダーマンのようにサクサクとゲームを進めていきたい人にはちょっと向いてないかも知れない…
というのが自分の感想だ。

 

一挙一動の動作がしっかりとあるので、必然的に一挙一動が遅い。つまるところ、細かいところもリアルに再現している。
そして、ある程度の事(料理、皮剥ぎなど)は実際に操作出来るので、これもまた時間がかかる。

こうして書くと悪いように思えるが、逆に考えると
リアルさや動作、雰囲気などを楽しみたい人であれば完全に大正解なゲームとも言える。
やりたい事が大体可能ともよく言われているSkyrimFalloutのような仕様に、多少片足を突っ込んだ感じだろうか。

 

尚、このゲームは普通にプレイして大体70時間前後でクリアと言われている。

明らかにこの時間で終わりそうにない密度、ボリュームだ。

【プレイレビュー】Red Dead Redemption2を試す【冒頭のみ】

 

おまけ

前作の主人公の勇姿。

ジーザス…

 

RDR2 – ダウンロード版

Red Dead Redemption 2 – PSStore

 

RDR2 – パッケージ版 (Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA