【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】Razer Seiren Xを試す【コンデンサーマイク】

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

Razer Seiren Xを試す
軽量・安価ながらも低音の効いた高音質なコンデンサーマイク

コンデンサーマイクは色々使ってきましたが、安くて良いものもあれば、高くても悪いものもあるので、割とピンからキリまであります。前までは「ソニーのコンデンサーマイクを買っておけば問題ない」と言われていましたが、今では「マランツのコンデンサーマイクを買っておけば問題ない」という流れになっている感じです。

安くて音質も良いのでコストパフォーマンスが良いのですが、難点をあげるのであれば「製品の当たり外れが激しい事」でしょう。
ハズレを引くと、ホワイトノイズが酷かったり、かなり近めで声を発しないと聞こえないなどがありますので、もし購入予定がある人は、届いたらすぐにDiscordやSkype、あるいは知り合いにマイクチェックをしてもらい、真っ先に音質のチェックをしましょう。私の身の回りも5人ほどマランツを買いましたが、2人(うち一人が自分) が音質が悪かったです。

なお、当たりを引けば設置もしやすく音質も良いので、文句なしの音質だと感じました。私はハズレを引いてしまったので、別製品を探す事に。
今回は「コンパクトで音質もデザインも良いマイク、できればミュートボタンも欲しい」重視で探した結果、この商品になりました。

 

開封

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

Razer Seiren X

昔は高かったのですが、現在は比較的安価に。
別製品に「Razer Seiren Elite」「Razer Seiren Emote」ありますが、そこまで大きな違いを感じなかった為、安価な方を選択しました。
(ちなみにEmoteはマイクに絵文字が表示されるらしい。みてて面白そうだった)

 

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

コンパクトなスタンドもついており、勿論カージロイド機能も。

 

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

中身は説明書の他に

・ケーブル
・マイク
・スタンド
・スタンドとマイクを繋げるパーツ
・Razer シール

とかなり簡素な感じになっている。


設置してみる

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

本製品の中で一番重いのが、このスタンドです。見た目に反して、3倍くらいの重さがあると思ってもらうといいかもしれません。

 

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

マイク裏面。こちらに…

 

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

スタンドとマイクを繋げるパーツを回してはめます。

 

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

完成。

 

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

多少稼働するので、前に傾けたり後ろに傾けたりとできます。

 

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

USBケーブルはCではなくMicroタイプ。Razerらしく緑色に。

 

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

Macで使う場合だと、ドライバ ーなどは特になく、挿すだけで認識するので非常にお手軽です。ただ正面にあるので、ケーブルの存在感が割と大きいです。ケーブルホルダーでうまく隠すといいかも。


 

ポップガードも装着する

意外と重要なポップガード。ウィンドスクリーンともポップブロッカーとも言いますが、自分の中ではコンデンサーマイクをガードするものがポップガードで、ビデオカメラのマイクに取り付けるのがウィンドスクリーンというイメージです。

今回は籠りづらいメッシュ製のものをチョイス。
この手のものは効果は音質向上に対しては実感しにくく、飾りと思われがちですが、マイクを唾や息から守るという面では非常に効果があります。
つまり近くで声を発する人であれば、ポップガードはより必須という事です。

 

Razer Seiren Xにポップガードを装着

Razer Seiren X ポップガードを装着 PS4 コンデンサーマイク

Razer Seiren X ポップガードを装着 PS4 コンデンサーマイク

シンプルなメッシュで、余計な装飾は一切なし。

 

Razer Seiren X ポップガードを装着 PS4 コンデンサーマイク

Razer Seiren X ポップガードを装着 PS4 コンデンサーマイク

網目状です。触るとちょっと硬いかも。
アーロンチェアのメッシュよりは柔らかめ、といった所でしょうか。

 

Razer Seiren X ポップガードを装着 PS4 コンデンサーマイク

重さはほぼなし。

 

Razer Seiren X ポップガードを装着 PS4 コンデンサーマイク

Razer Seiren X ポップガードを装着 PS4 コンデンサーマイク

こちらのゴムはいずれ切れたとしても、取り外しや代用できそうな物は色々ありそうなので、問題はなさそう。(輪ゴムでもいけそう)

 

実際に装着

Razer Seiren X ポップガードを装着 PS4 コンデンサーマイク

完成。デザインもよく、文句なしのコンデンサーマイクです。

 

 

PS4、Discord、Macにて接続

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

実際にDiscordとPS4にて試した所、問題なく反応しました。

PS四に関しては上記の画像のように「Razer Seiren X」と製品名を認識してくれています。マイクレベルに関しては真ん中、気持ちちょい弱めでも十分かもしれません。ただしカージオイド搭載とはいえ、周りの音は拾いやすいですので、コンデンサーマイク + ヘッドホンでのプレイをした方がいいでしょう。

色々チェックしたり、してもらった所
「低音が強く音質も良い」
という評価になりました。Blue Yetiと比較もしてみた所、正直どちらも音質が良いのであまり変わらない気はします。であれば、小さくて見た目もスタイリッシュなRazer Seiren Xを私はオススメします。

Razer Seiren X コンデンサーマイク Mac

Mac接続時。こちらもちゃんと名前が表示。

 

おわりに

Razer Seiren X コンデンサーマイク PS4

卓上においても邪魔にならない、という意味では中々良いコンデンサーマイクなのかも。それに加えて、ミュートボタンの押し心地がかなり良い感じです。しっかり押せて、しっかり反応してくれます。自身の声を聞いたりするモニター機能が可能なヘッドホン端子もあり、かゆいところに全て手が届いている安価かつデザインも良いコンデンサーマイクです。

ただし、ゲイン調整やマイクの指向製の変更などはないので、さらに求めるのであればBlue yetiの方をオススメします。

そしてBlue yeti同様、接して言葉を発するといつも通り「うるさい」と言われます。それだけ音がいいのでしょう。いいマイクを使えば相手・全体に意見も伝わりやすいので、たががマイク、されどマイクと思わずにひとつ良いマイクを買ってみてはどうでしょうか。真剣なゲームの時、テレワークで発表の時にマイクにノイズが乗ってたら…声が小さかったら…何度も聞き返されたら…と思うと、やはり良いマイクを設置しておくに越したことはありません。

 

 

関連ページ・リンク

【レビュー】Razer Seiren Xを試す【コンデンサーマイク】leisureed

テレワーク需要により、現在モニターやマイクが品切れを起こしていますが、ここ一週間は割と入荷をチラホラ目撃しています。そろそろ買い時かも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA