【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

PSVR 3月29日より大幅値下げ 44,980円→34,980円へ

PlayStation VR が突然大幅の値下げ。1万円ほどお安く。

最初は54,000円前後だったと考えると、今はかなりお得に感じてしまう。34,980円であれば「そろそろ買ってもいいかなー」とはなるかもしれない。

やりたいソフトは…………………..絶体絶命都市4 (仮称)人喰いの大鷲トリコVR Demo くらいしかない。
深刻なラインナップ不足。

しかし、ゲームではなく映画などのBDを見るには現状最適なアイテムかも。

 

 

 

公式からの説明

ソニー・インタラクティブエンタテイメント(SIE)は、PlayStation®4用バーチャルリアリティシステム「PlayStation®VR PlayStation®Camera同梱版」(PS VR)※1の希望小売価格を、2018年3月29日(木)より、日本では従来の44,980円+税から34,980円+税に、北米では従来の399USドルから299USドルに、欧州では従来の399ユーロから299ユーロにそれぞれ改定いたします※2。

2016年10月の発売以来、PS VRにはソフトウェアメーカー各社様およびSIEワールドワイド・スタジオ(SIE WWS)の専用または対応ソフトウェアタイトルが約300本※3※4発売されており、今後も『実況パワフルプロ野球2018』(KONAMI)、『ねこあつめ VR』(株式会社ヒットポイント)、『ONE PIECE GRAND CRUISE』(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)、『Blood & Truth』、『Bravo Team(ブラボー・チーム)』、『Firewall Zero Hour』(SIE WWS)などの様々なタイトルの発売や、『カリード Young Dumb & Broke VR』(株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント)、『超歌舞伎VR 花街詞合鏡』(株式会社ドワンゴ)などのVRの特性を活かした映像体験をお楽しみいただけるコンテンツの配信を予定しております。

SIEはこれまで以上に魅力的な価格を実現し、拡充の進むタイトルおよびコンテンツとともに、世界中のユーザーの皆様にとって「プレイステーション」が最高の遊び場であり続けるために、PS VRの更なる普及と拡大を強力に推進してまいります。

※1 北米では『DOOM® VFR』を含んだ「PlayStation®VR Doom® VFR Bundle」として、欧州地域では『PlayStation®VR WORLDS(ダウンロード版)』を含んだ「PlayStation®VR Starter Pack」として販売。

※2 一部の国や地域では3月29日以降順次、価格改定。
※3 2018年3月27日時点。
※4 発売されるタイトルは地域によって異なります。

※その他、記載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

https://www.jp.playstation.com/blog/detail/6713/20180328-psvr.html?tkgpscom=dc_psvr_ps_tw_20180328

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA