【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【アプリ紹介】クリップボード拡張アプリに一度慣れるとが手放せない [Paste bot]

Tapbots LLC開発アプリ「Pastebot」

 

実はTweetbotのアプリが開発したアプリという理由だけで一時期気になっていた「Pastebot」
(開発元は Tapbots LLC)

Tweetbotを当初から触っている自分からすると、アプリはUI等がキレイで見やすく、操作性も思い通り動くので快適。多少癖はあるものの、慣れると快適。機能の多さで比べると公式Twitterアプリには敵わない。そもそもサードパーティー製のアプリではグループDM等一部の機能が使えないので。

(一部の機能はTwitter社がAPIを公開していない為、他のアプリでは使用不可能)

iPhone – Tweetbot

 

同社のTwitterAppは無駄がないので非常に使いやすい。
しかし、公式AppにはあるTwitterカード表示、各々のツイートのfavo/rt表示、リツイートがいいねされました〜の類等はない。

裏を返せば余計な機能を省いているので、そういう意味では使いやすい部類だと思います。

 

 

 

・アプリを起動

 

と、話が逸れてしまいましたが、同社のアプリの「Pastebot」を試そう。
実は発売後すぐに買ってはいましたが、当時はイマイチクリップボード拡張に必要性を感じないなと思い、購入後お蔵入りしておりました。

クリップボード内に大量に預けてクリップボード内に常時置いておき、管理するアプリ として買ったのではなくクリップボード内に一時的にストックしておき、あとで使いたい為に買ったのだ。

・頻繁に使うメインウィンドウ

こちらが自分が求めていた機能。ショートカット時の表記名は
(Show Clipboard)

このショートカットをキーに割り当てることによって、一瞬でこのClipboardウィンドウを出せる。サイズは自由に縮小可能。サイズも記憶してくれるので、クイック呼び出しした後でもいつでも最後のサイズを記憶してくれる。

覚えてくれる個数やサイズ等も指定可能だが、iCloudの容量を消費するので注意。といっても大量にストックする使い方をしなければ大丈夫。

ドデカいPng画像とか。

ちなみにイラストなどを描いている際、切り取り等を行うと勿論クリップボードに覚えられてしまうので、邪魔といえば邪魔に感じる人もいるかもしれない。そういう人は次の項目のブラックリスト機能を使おう。

アプリでブラックリスト指定をすると、そのアプリに対してクリップボードリストに入れられなくなる。これで余計なクリップボードを拾う事がなくなる。

個人的には画像や動画、加えてキーチェーンなどパスワード系のものは覚えられるとセキリュティ的にダメだと思うので除外した。

 

・まとめ

よく使う使い方は

・必要な文字をドラッグしてコピーする
・ガンガンコピーする
・10個くらいまとめてしておいて、後で徐々に使っていく

というカンジで使っています。

多すぎると探すのに手間取り、少なすぎると拡張の意味がなくなるので15行程度見えればいいかな、という具合です。

多少高価ですが、その分使いやすいので自分的には満足しています。

無料の他のクリップボードも使って見たのですか、イマイチ使いづらかったのでこちらの方が良かった感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA