【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

MacBook および MacBook Pro の修理プログラムが再度行われる。

MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラムがAppleのページにて公開中。

 

今回もまたMacbook Pro 2016シリーズ、恒例のヤツです。
問題児ですが私は気に入っています。
その…フォルムとか。

 

対象モデル

お使いのコンピュータのモデルを確認し、それが本プログラムの対象となるかどうかを調べるには、Apple () メニュー >「この Mac について」を選択してください。本プログラムの対象となるモデルは以下の通りです。

  • MacBook (Retina, 12-­inch, Early 2015)
  • MacBook (Retina, 12­-inch, Early 2016)
  • MacBook (Retina, 12-­inch, 2017)
  • MacBook Pro (13­-inch, 2016, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Two Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2016, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (13-­inch, 2017, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2016)
  • MacBook Pro (15-­inch, 2017)


注:上記以外のモデルは本プログラムの対象外です。

今回(も)該当してました。(赤字部分)
実際に送らないと適用されるかは不明?

 

問題の箇所

特定の MacBook および MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに、以下の症状 (の 1 つまたは複数) が現れる場合があることが判明しました。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

 

 

 

前回の修理プログラム

2016-2017年 Macbook Pro 13inch (Touch Bar非搭載) バッテリー交換プログラムが開始。

 

バタフライキーボードの風当たりは強い。
割合的に見ると壊れやすいらしく、修理に20,000-30,000くらいはかかるとの事なので、米国では訴訟も起きるほどの問題にもなっている。

「MacBook/Proのキーボードは欠陥品」と集団訴訟。米国で無償修理と賠償求め

個人的に
「打ちやすいか打ちにくいか」で言うと
「とりあえず打てるからいいか…」という曖昧な回答になってしまう。
ちなみにMacbook Pro 2016 自体は気に入っている。

肝心のキーはというと、結構気になるところはある。

  • 指紋が目立つ
  • スキマにゴミが入るとほぼ取れず、エアダスター必須
  • 長時間打てない

キーボードは気をつけていてもなぜかゴミがスキマに入っている。
「スキマがある=ゴミが入る」
もはや逃れられない運命。

バタフライキーボードというスキマがほぼないキーボードでさえゴミが入るのだ。
なのでHappy Hacking KeyboardやRazer Black Widow、Realforce、Majestouchなど、一般的なキーストロークの深いキーボードでは更にゴミが入り放題。

PC前で飲食などをしているともうアウトです。なぜか入っています。不思議です。
探偵ナイトスクープがこの問題を取り上げてくれないでしょうか。

【レビュー】Macbook Pro 13inch用のキーボードカバーを試す【moshi Clearguard】

なので、キーボードカバー的なものは必須だと思います。
修理代で数万円とられるくらいなら…数千円のキーボードカバーくらいなら安いモノ…

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA