【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

スマホ/カメラ用ミニ三脚を試す(Manfrotto PIXI MTPIXI-RD)

Manfrotto ミニ三脚 PIXI レッド MTPIXI-RDを試す。手ブレを抑えるには最適。

leisureed_IMG_2716

モノは試しという事で、スマホ用の固定台も。(写真 / 右下)
iPhone X以降からは光学手ブレ補正(OIS)もあるので、スタビライザー的なモノも正直なくてもいいレベルなので、この手の小型のミニ三脚でも十分対応出来そう。
一度触ったのでよくわかるのだが、iPhone Xのデザインはともかく、性能・スペックはかなり良い。

スマホもミニ三脚、どちらも携帯性に優れているので、使い勝手は悪くなさそうだ。

 

 

パッケージ裏面・説明書

leisureed_IMG_2718

説明書はないものの、触ればだいたいわかると思われるので、説明はパッケージ裏に記載されている程度の簡素なモノ。スイッチを押せば360度自在に動かせるようになっており、足部分を折りたためばギュッと握ってホールド感が増すようになっている。素材は値段の割に安っぽくなく、重すぎず、軽すぎずしっかりとしたマットな素材なので、手触りが良い。

 

 

 

開封

leisureed_IMG_2720

leisureed_IMG_2725

leisureed_IMG_2724

自分の手はどちらかというと [普通〜多少大きめ] の部類だが、3枚目の画像を見ると大きさがわかるように、かなりのお手頃なサイズだ。

両手で握ってしまえば三脚の全てを隠せるレベルだろう。それ位には小さいので、小型のカバンにも難なく入る。

 

leisureed_IMG_2719

これと一緒に購入したスマートフォン用のアダプターも一緒に試して見る。
試す機材はiPhone シリーズで一番大きいと言われるPlusシリーズのiPhone 6s Plusだ。
これが入るのであれば、他のiPhone/スマートフォンはほぼ対応可能だろう。

 

スマートフォンアダプターも試す

leisureed_IMG_2717

こちらの説明書も特に簡素なもの。引っ張っている間にスマートフォンを挟むだけで終了だ。自動伸縮タイプ。

 

leisureed_IMG_2722

裏部分にスタンド機能があるので、iPhoneをナナメに立てかけて動画を見る時 などは非常に便利。

 

 

leisureed_IMG_2721

先ほどの三脚とのサイズの比較。更に小さい。

 

 

leisureed_IMG_2723

スマートフォンを支える箇所はゴム素材なので、スマートフォンを傷つける心配はまずないだろう。グリップ圧は強いが、本体が壊れるほどの強さはない。かといって、ブンブン振り回して抜け落ちる程の弱さもないので、問題はない。

 

装着

leisureed_IMG_0172

leisureed_IMG_0173

大きすぎず、小さすぎない。
使い勝手は悪くなく、動画や写真を取る時も右手でタップするだけなので、ブレは非常に発生しにくい状態になる。何よりも設置した状態で色々な構図が可能なのは三脚の良い所だ。

ただ、この状態だとスマートフォンアダプターと三脚を装着する際、わざわざ回して装着するという手間が発生する。これを解決するのがクイックシューだ。文字通りクイックに着脱が可能になる

 

leisureed_IMG_0176

同梱されているのはこの2つのみ。説明書などは特になし。

 

 

leisureed_IMG_0177

三脚部分の雲台上に SLIK DQ-10N 汎用クイックシュー を装着。

外装に傷があるのは長い事 外で結構落としたりと海風に晒したりとそれなりに使い込んでいるので、塗装が剥げてしまっている。使用には特に問題なし。なかなか頑丈だ。

 

 

leisureed_IMG_0180

こちらのアダプターをスマートフォン側に装着して完成。

 

 

 

クイックシュー着用時の着脱方法

 

leisureed_IMG_0183

leisureed_IMG_0187

特に難しい事はなく、着脱したい時はレバーを引くだけでOK。

装着する時
・レバーを引いた状態でカチッとハメる

取り外す際
・レバーを引いた状態でスマートフォンを動かして外す

 

今回紹介した商品

 

スマホ/カメラ用ミニ三脚を試す(Manfrotto PIXI MTPIXI-RD)leisureed

以前は下記のようなSLIK製のミニ三脚を外用として運用していたものの、小型でも割と大きかったので 若干荷物がかさばっていました。以降は自宅用の三脚として運用予定。今回のマンフロット ミニ三脚を次からの外用として運用していく事にします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA