【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】LGモニター 27UD58-BをPC / PS4で試す

今回のとは別に 27MU67-B 24UD58-B を使っていたのだが、前者は2年前なのであまり通販や店舗になく。4Kモニターが出だした頃なので、モニターとしては性能は悪くなく、今とさほど変わらなくて悪いところは特になし。しいて気になる所を挙げるとすると

分厚い、大きい、ちょっと重い、入力信号の切り替えがタッチパネル。

それらに目を瞑れば今でも普通に使えるディスプレイだ。
重い故にスタンドも頑丈で、モニターアームがなくともピポット機能が備わっており、モニターを縦にも動かしたりできる。アームが高いので余計な出費を抑えたい、という人にはピポット機能のあるモニターを考慮した方がいいかもしれない。

AV端子からHDMIにした時も画質の向上に感動したが、HDMIから4Kにした時も同じ位には感動した。もうFHD(1920×1080)画質には戻れない、となってしまった。

そういう意味では4Kはオススメできない。なぜなら、画質が良いからだ。
良いものに慣れてしまうと、古いのが使えなくなってしまうのだ。

 

肝心の今回購入したディスプレイ

 

実は今回購入した4Kの24型を既に持っているので、性能の良し悪しは大体認識はしている。なので今回もこの一番使い勝手のいい4Kディスプレイを追加購入した。自分が昔持っていた27MU67-Bと比べると色々コスト削減されている感じはするが、削減されている部分(後述)についてはむしろ不要だったので丁度良かった。

開封や設置など

leisureed_IMG_0190

箱も簡素なモノへ。ちなみに27MU67-Bの時はカラー印刷されていたのでかなり目立っていた。

 

leisureed_IMG_0191

leisureed_IMG_0192

leisureed_IMG_0193

leisureed_IMG_0195

梱包されているものは4Kディスプレイ、電源ケーブル、DisplayPort-DisplayPortケーブル、スタンドやケーブルを束ねるアダプター的なモノのみ。取り出して設置したらあっという間に完了するかのような簡素さだ。今回もスタンドは使わず、モニターアームに取り付けて運用する。

 

モニターアームに取り付けをする

 

leisureed_IMG_0197

使うのは一番安定性のあるエルゴトロン LX 25-241-026。
長い事使用しているが、壊れる気配は全くなし。

 

多少高価だが、安定性や汎用性は高く、困ったらコレを買えばまず間違いない。

ただ、やはり高価なので少しでも抑えたい場合は下記のモノなどがいいかもしれない。外見はAmazonだがエルゴトロンのOEMなので、見た目を気にしないのであれば断然こちらを選んだ方がいい。

 

leisureed_IMG_0198

手で簡単に固定できるタイプのネジでVESA部分を固定する。他のアームを買った時についてきたモノ。

 

leisureed_IMG_0204

位置が絶妙な壁の位置にあるのでネジで回すのは辛く、そういう時にこの手の固定タイプネジがあると非常に楽。手で回すとはいえ、しっかりと固定は出来ている。

 

leisureed_IMG_0210

配線を繋げて完成。

 

leisureed_IMG_0211

モニターなどに付いている透明シールは剥がすタイプ。

 

leisureed_IMG_0212

今度こそ完成。スピーカーは2つあるが、PC用とゲーム用と分けている為、2つ設置してある。本当はひとつにまとめたい所。

 

 

 

PS4で動作チェック

 

leisureed_IMG_0213

27MU67-Bと違い、タッチパネルではなくアナログスティック。PS4のスティックがディスプレイの下にあると想像するとわかりやすいかもしれない。ものすごく軽快に動くので切り替えが非常にやりやすい。

leisureed_IMG_0214

4K設定をする場合は上記の表示が出るようになっている。
ちなみに27MU67-Bでは表示されなかった。

 

 

画質の良さが伝わらないけれど、画面の直撮りのスクリーンショット

 

leisureed_IMG_0215

leisureed_IMG_0216

直撮りだと4Kの凄さが伝わらないのだが、逆に考えると直撮りでもドットや粗が全く見えない4Kでのスクショなどを貼ったとしても、それはもうただのスクショなので、ディスプレイの画質の良さが客観的に見ると全く伝わらない。

ディスプレイの画質の良さを伝えるには、やはり生で見てもらわないと分からない。ビデオカメラで直撮りしても、写真で撮影しても、なかなか画質の良さは伝わらない。
最近流行りのHDRも、自分だけで楽しむ分にはいいのだが、動画などに書き出したりして共有してもHDRの良さは全く伝わらず。それもそのはず、HDR対応ディスプレイがないといけないのだから。HDR対応ディスプレイがないと、ただのコントラストの高い動画になってしまう。

 

 

 

おわりに

 

「とりあえず安く抑えて4KをPCやPS4で試して見たい」

という人にはうってつけの安価なPCディスプレイ。これにHDRなどを足すと+30,000円〜 と、地味に高価なので、ここらは自分の財布と相談して決めよう。

 

HDRも欲しい、という人であれば下記のモノが良いかもしれない。
現状安価な部類に入る 4K/HDRディスプレイ だ。
最初はこちらを検討していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA