【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

新型のKindle Paperwhiteが発表、容量が増え、待望の防水機能

 

新型Kindle Paperwhiteが登場、容量が8GBへ増え、IPX8防水も搭載。
お風呂での読書が一層捗る商品へ

 

 

お値段は若干高めだが、広告付きだと2,000円OFF。
浮いた分で保護フィルムやケースを買うといいかもしれない。

仕様など

読書のための専用端末 – E Ink(イーインク)ディスプレイで、紙のように読みやすい。直接目を照らさないフロントライト方式だから、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくい。本数千冊がこの一台に

 

これまでのKindle Paperwhiteの中で最も薄く、最も軽いベゼルがフラットになったモダンなデザイン。300ppiの高解像度で、小さな文字もくっきりキレイ。

 

反射しないディスプレイだから、明るい陽射しの下でもまぶしくない

 

防水機能搭載(IPX8等級)ビーチでも、プールでも、お風呂でも快適に読める

 

長時間バッテリー。一度の充電で数週間利用可能

 

明るさ調節により、屋外でも室内でも、昼も夜も、快適に読書

 

700万冊以上の本、マンガ、雑誌、洋書を低価格で。日替わりセールほかお得なタイトルもプライム会員なら、追加料金なしで対象のタイトルが好きなだけ読み放題(Prime Reading)

 

 

防水、形状の変更など

ベゼルがフラットになった。いわゆるiPadのように側との境目がなくなったようだ。以前のはホコリなどが混入しやすかったので、これはありがたい。

しかし一番大きいのは防水機能(IPX8)対応だろう。6〜7だと思ったらまさかの8。

IPXに関する防水の保護級は下記の通り。

0級:特に保護がされていない

1級:鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴I形)

2級:鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防滴II形)

3級:鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない(防雨形)

4級:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)

5級:あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)

6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)

7級:一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない(防浸形)

8級:継続的に水没しても内部に浸水することがない(水中形)

 

お風呂などでも使えそう。
お湯だとまた話が変わると思われるので、ここは注意が必要かもしれない。温度上、誤タッチなどが起こったりするかも。ここらは試してみないとわからない。

 

 

画像

新型のKindle Paperwhiteが発表、容量が増え、待望の防水機能

しっかりと防水している様子。

 

新型のKindle Paperwhiteが発表、容量が増え、待望の防水機能

フラットな形状に。指やホコリのひっかかりなどもなくなる。

 

新型のKindle Paperwhiteが発表、容量が増え、待望の防水機能

 

反射はしないので、本当に見やすいのがこの端末の良い所。外で本などを読むには最適な端末だと思われる。個人的には小説を読む人向きだと感じました。
(※ 1.2年前ほどのKindle Paperwhiteを使っていますが、「他の本読むか…」となった時に他の本を開いたりする際のレスポンスはそこまでよろしくないので)

 

 

商品ページ

新型のKindle Paperwhiteが発表、容量が増え、待望の防水機能leisureed

小説や文字の多い本を読むには最適。かなり見やすいのがE-linkの良い所。
紙に透明フィルムが挟まってるかのような読みやすさは今の所、Kindle Paperwhiteしかないと思われる。

明るい所でも暗い所でも全く気にせず読め、今回から更に防水なので、お風呂でも使えそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA