【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】iPhone 8 を試す (ゴールド)

iPhone8を試す。
Plusシリーズと比べるとかなり小型に。SEよりは多少大きめ。

現状SEの販売がオンラインストアではなくなった為、現在は8が廉価版の立ち位置になっているような雰囲気になっている。容量は64GBモデルしかないので、一番無難なモデルだ。多すぎず、少なすぎず。

開封

leisureed_IMG_0671 leisureed_IMG_0674 leisureed_IMG_0673

手持ちのiPad mini 4もゴールドなので、今回はゴールドを選択。
4S、6Spからずっとシルバーだったので違和感が…と思いきや、そこまでゴールド感はない。どちらかというと、銅の色という感じだ。
ローズゴールドとゴールドが混ざったかのような感じの色。
比較をすれば一目瞭然だが、逆にいうと比較をしなければそこまで違う色と感じる事はないかもしれない。

 

leisureed_IMG_0675

iPhone 8。
6以降、外観に目新しさをあまり感じないのは割と残念だとは思う。
7でのみピアノブラックという色が出て、電子マネー、無線充電が搭載された…以降ずっとそんな感じ、という印象。(性能はちゃんと上がっているので、その辺は使い勝手が良い)

 

サイズの比較(iPhone6s PlusiPhone 8

leisureed_IMG_0680

以下、6s plusとの比較。

 

leisureed_IMG_0676

この時点で既にplusが大きすぎる、というのがよくわかってしまう。
ポケットに入れる身としてはキツイかもしれない。
ですが、カバンにしまうタイプであればPlusの方が使い勝手は良いと思います。

 

leisureed_IMG_0684
leisureed_IMG_0685

たった数センチ、ミリですが、これだけの差があるだけで手に持った時の感覚がかなり違います。昔はiPhone 4Sを使っていたのですが、8はあの時と同じような小ささを感じる。
それだけ6s Plusが大きかった。

 

leisureed_IMG_0677

逆にレンズはiPhone 8の方が大きい。1.5倍ほど?

(※ 今後はiPhone 8でブログ記事の写真を撮っていく方向です)

 

leisureed_IMG_0683

分厚さはそこまで変わらず。
イヤホンジャックがない分、多少薄くなった程度。

Airpodsなどのフルワイヤレスイヤホン使用者にとってはイヤホンジャック廃止は、特別気にならないかもしれない。有線イヤホン使用者にとっては悲鳴が上がっているこの仕様。

以前自分も「有線イヤホンしかありえない」と思っており、それなりに良いイヤホンを使っていましたが、2年中盤辺りでケーブルがむき出し、断線しかけてしまって以来、無線派になりました。丁寧に使っても結局壊れてしまうというのを実感した瞬間でした。

 

イヤホンジャック廃止→Lightningイヤホンが同梱

leisureed_IMG_3684

そう、イヤホンジャックがなくなったので、とりあえず的な具合でLightningイヤホンが同梱されている。使い勝手は悪くなく、そもそも端子が変わっただけなので、音質などの違いはそこまで変化なし。

 

leisureed_IMG_3685

中々凝った梱包をされていらっしゃる。

 

leisureed_IMG_0713

挿すだけでOK。
使い勝手はイヤホンジャックと変わりなし。

充電しながら使いたい」という人は、別途その手のアクセサリーを買わなければいけない。
1,000〜2,000円前後で買えるので、どうしても必要であればあった方が便利かもしれない。

 

 

 

 

leisureed_IMG_3686

ただ、最初これを見た時は
「おっ、Airpods同梱されているのか!」
と思ってしまった。そんな訳ないですよね。

 

 

フィルムを貼っておく

leisureed_IMG_0678

貼るのは勿論パワーサポート。
初代iPod touchから愛用しているメーカーだ。
初代から使っているので、付属のシルバーのクリーニングクロスがもうなんというか、結構ある。このクリーニングクロスは非常に汚れが落としやすいので、液晶は元より、メガネなどにもかなりの効果だ。
汚れが落ちづらくなったら、お湯やハンドソープなどで手洗いすれば繰り返し使える。

 

パワーサポートのクリーニングクロス(初期頃 / 今現在)

leisureed_IMG_3687

最近のは右記のものが同梱されている。シルバーと白が混ざったかのようなキレイな色で、汚れをそぎ落としてくれそうなイメージが際立っている。

しかし初期の頃は左記にあるグレーのものだ。大きさもなんと今の2倍もある。
そして、正直にいうと、左の方が使いやすいのだ。

 

leisureed_IMG_3688

理由は単純明快、分厚くて持ちやすいからだ。
初代iPod touchと初代iPadを買った時はグレーの分厚いクリーニングクロスだったが、いつからかシルバーのクリーニングクロスになっていた。
(iPad 2〜辺りでもうシルバーのクロスになっていたかも?)

経費削減か、大きすぎて邪魔だったとか、小さいほうが良い!とか、パワーサポート側で色々あったのかもしれない。

 

leisureed_IMG_3689

今だに洗えて使えているので、品質の良い事は間違いないだろう。
凝視すれば多少ほつれてはいるが、液晶にドットの欠けがあるくらいの誤差の範囲内だ。

 

肝心のパワーサポート液晶フィルム

leisureed_IMG_0679

アンチグレアフィルムを選択。理由は指感触が良いという理由一択だ。
画質や映像目的であれば、断然グレアの方が良いが、iPhoneで動画を見る事があまりないので…

だから私はアンチグレア。

 

leisureed_IMG_0681

品質はいつも通りなものの、左右のフィルム部分が多少足りない感じだ。
ここだけは残念。手触りはいつも通りのアンチグレアで安心。良い。

 

leisureed_IMG_0682

気泡が入っても大抵勝手に出るので、あまり気にせず軽く指で押す程度でOK。
ホコリなどが入って出来た気泡であれば自然除去は難しいかもしれないので、セロテープなどを駆使して剥ぎ取ろう。

  • 必要なモノ「セロテープ 2切れ(4cm〜くらいでOK)
    ひとつはフィルムを剥がす用(フィルムを剥がした際の持ち手として)
    もうひとつはセロテープの切れ端部分同士を合わせ、指サックのように丸めておく
  • フィルムの端にセロテープを貼る(これは持ち手として使う)
  • フィルムをホコリが侵入している所まで剥ぐ
  • ホコリが見えたら、ホコリに向かって新たにセロテープをつけてホコリを取る。
MEMO
ホコリなどを絶対に入れたくない場合
風呂場でやるのを推奨です。
軽くお湯で風呂場を流すと、湯気が全てのホコリを吸着してくれるので。

念には念を入れるのであれば、パンツ一丁か全裸が望ましいです。

 

私はシャワーをした後に、よく風呂の蓋の上でやっていました。「風呂に入るついでにフィルムを貼る」という感じです。ですが最近は絆創膏(カットバン)仕様で非常に貼りやすいので、今はそこまでやってません。加湿器程度で良いと思います。ただ、画面の大きいiPadだと風呂場でした方がいいかもしれません。あれはホコリがつきやすすぎるので。

 

 

 

話は戻り、本題の iPhone 6s plus → 8への 以降作業

leisureed_IMG_0686

なんと、SIMを差し替えるだけ(※)です。かんたんですね。

(※)既にiPhone6s Plusのバックアップを、iPhone 8に入れているので。

 

以前キャリアからMVNOへ切り替えた際の内容はコチラ

キャリアから格安SIM (MVNO)へ

 

leisureed_IMG_0688

あまり見たことの無い画面。
Apple Watch同様に、カメラで読み込ませる方式のようだ。

 

leisureed_IMG_0689

あっという間に終わってしまった。
PC不要で出来るようになったのは非常に楽。

 

純正シリコーンケースを装着

leisureed_IMG_0690

最初はレザーにしようと迷ったものの、滑りそうなので今回も純正シリコーンケースを選択。

6sPlusで3年間ほど使用していましたが、特に大きな破損もなく使えておりました。
(下部分が多少禿げていた程度)

 

leisureed_IMG_0691

今回も前回とほぼ同じ外観だ。
外観はサイズと色以外に違いはあまりない。

 

leisureed_IMG_0692

iPhone 6s Plus (オレンジ)
iPhone 8 – (レッド)

純正シリコーンケースを付けた状態での、6s plusと8の比較。
多少暗くなった印象。赤好きの身としては満足です。

 

まとめ

leisureed_IMG_3679

サイズが小さくなり、容量が4倍増えたので(16→64GB)非常に使いやすくなりました。
これにより、写真が撮れたり、iTunesで音楽が追加できたり、iOSアップデートがしやすくなるのでストレスフリーです。

ちなみに今までは最低限の音楽とアプリを入れているだけにも関わらず、写真を撮る度に「容量不足により撮影できません」でしたので、iPhoneで色々弄ったり写真を撮ったりするのは諦めていました。

 

 

今回紹介した商品

 

【レビュー】iPhone 8 を試す (ゴールド)leisureed

大容量は正義。多くて困る事はないのです。

話は逸れますが、Appleの純正ケースなどは以前まではAmazonなどでは販売していなかったのですが、今年になってから普通に販売されている模様。

来年からはiPhoneもAmazonで取り扱いを行いそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA