【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

HappyHackingKeyboardの吸振マットの新作が登場する

HHKB

表面に新たに加工されたHHKB吸振マット(HG)

 

自分も吸振マットを使用した状態でHHKBを使用しているのだが、これがある と ない では打ち心地が全然違うので、非常にオススメです。
手入れをしていればこの商品はただでさえ滑らないのに、今回のモノはエンボス加工をしているのでより強固に吸着して打ちやすくなるとの事。HHKB 2台目を買う事になったら検討したい。

 

以前のHHKBレビュー記事

【5年 使用後のレビュー】Happy Hacking Keyboard (HHKB) は公式の通り、一生使えそうな気配がする商品

 

公式の説明

 

商品の写真

HappyHackingKeyboardの吸振マットの新作が登場する

HappyHackingKeyboardの吸振マットの新作が登場する

HappyHackingKeyboardの吸振マットの新作が登場する

 

仕様など

※本商品は、株式会社バード電子製です。
メーカー型番:KMG-PRO

■特長
HHKB吸振マットのハイグリップ版!
厚さ3mmのマイクロセルポリマーシートでキースイッチの振動・反発を吸収するHHKBアイソレータです。
表面にエンボス加工を施すことにより、より強固に机に密着します。
余計な力を吸収して、キーボードのタイピングを改善。HHKBをより快適にお使いいただけます。

本商品は、キーボードの底面に貼り付ける吸振マットです。
長時間、打鍵されたキーボードへの衝撃を吸収し、手首、指作の負担を低減します。

表面処理
表面にエンボス加工を施しています。

【ご注意】
※ キーボード底面のシリアル番号が見えなくなりますので、本体に貼り付ける前に添付シールに番号を控えて保管してください。
※ 本製品は、キーボードの裏面に両面シールで貼り付けて使用致します。剥がれにくくなっておりますのでご了承ください。

採用した「マイクロセルポリマーシート」の特性

滑らない ~高いグリップ力、表面密着性があります。
反動を吸収する ~微細で均一なセルが、打鍵の反動を吸収します。
静電気が起きない ~静電対策素材なので静電気が発生しません。

 

 

Happy Hacking Keyboard (無線版)(Bluetooth版)

 

 

Happy Hacking Keyboard (有線版)

 

無線であるメリットは…

  • 携帯性があり、持ち運びしやすい(会社でも使える)
  • ケーブルがないので、移動もしやすい(配置換えもしやすい)


デメリット

  • 有線と比べると5,000円〜程高い
  • microUSB端子があるが、あくまでも緊急の給電用 (※1)
  • 電池式なので交換が手間 (※2)


(※1)

有線は文字通りPCー有線と挿して使うのだが、無線版の場合のUSBはただの給電用となっており、電池が切れた時に使うだけのもの。有線としても使えるようにした方が明らかに良かったように感じる。

 

(※2)
昔はeneloop等が流行り、電池式最高という感じだった気がするが、昨今はモバイルバッテリーなどが当たり前のように使われて居るので、eneloop等の充電池の影は薄い印象だ。

 

 

次回からは電池式ではなく

リチウムイオンバッテリー形式USB端子に差し込むと有線として使用可能」

などにしてくれたらいいなとは思っている。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA