【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

バトルロイヤル系ゲーム「H1Z1」のPS4 Open Beta が海外で開始

battle royale game 「H1Z1」が海外にてOpen beta開始

 

バトルロイヤル系ゲームと聞くと、当初はPUBGしかなかったのだが、今ではもう下記の

  • PUBG
  • Fortnite
  • 荒野行動
  • Horizon Source

位だろうか。
それに更に一つ増える形となる。

Call of duty(以下CoD)やBattlefieldでもバトルロイヤル方式が採用される(かもしれない)となっているので、今年はバトルロイヤル系ゲーム元年なのかもしれない。
CoDに至っては本当に採用されそうな気配だ。

 

 

今回オープンベータが開始となった「H1Z1」

動画を見ると一目瞭然なのだが、割ともう…PUBGだ。
ではPUBGをやればいいのではないか、となるのだが
こちらはPS4で出来るというのが強み

 

PCだと「ハイスペックなPCを組む」という敷居が高く
PS4だと「ハイスペPCより断然安く、所有率も高い」ので敷居が低く、とりあえずプレイしてみようか…という流れでプレイする人もわりかし多いと思われる。

敷居の低さから、プレイの導入のしやすさから、口コミから、SNSから……
と、現状良くも悪くもあっという間に広まるので、またFortniteと同じような事がH1Z1でも起こるかもしれない。
現にFortniteローンチ初日で100万人突破したというのはまだ1年も経っておらず。
(その後、1ヶ月で1000万人突破したのも異例の数字)

 

この頃は

「PUBGがしたいけど、そんな良いPCもってないので出来ない…」(※)


という人口が比較的多かった印象だ。バトルロイヤルがしたいという需要に合わせてグットタイミングで当時はFortniteが来たので、結果論だがバズってもおかしくはなかった。
現に(※)と同じ状況だった自分としては、中々ハマった記憶がある。今ではプレイする頻度はガクッと落ちたものの、世間では未だ熱狂的なゲームだ。衰える事を知らないアツイゲームだと思います。

しかし昨今の異常な速度の建築を考えると
キーボードとマウスは必須に感じるゲームになってました。
WASD無理勢としてはちょっとキツイかも。しかし50vs50は楽しい。

 

結局Fortniteの話が多かったものの、H1Z1はどうなのか

毎度タイミングが悪く、サーバーメンテナンスでプレイ出来てません。
プレイ動画を見る限りでは面白そうではあった。

 

テンポが多少重めな印象?
この辺は実際にプレイしてみないとわからない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA