【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】X100Fを試す

 

【レビュー】X100Fを試す。
カテゴリー的には 【一眼レフ】 ではなく【高級コンデジ】

コンデジことコンパクトデジタルカメラ。
今はスマホが主流故に、コンデジは全く売れなくなってしまった。
だが、ミラーレス一眼レフやエントリーモデルの一眼レフと同等の画質であればまだまだ使えるだろう。ただ、コンパクトさは手放せない…かといってミラーレスはレンズなどが取り外し出来るので、まだ大きい…
(※ 一眼レフと比べるとミラーレスも十分小さいですが)

そんな人に該当する良いものが【高級コンパクトデジタルカメラ】だ。
イメージセンサーのサイズも段違いで、明らかに画質の違いがわかる程だ。イメージセンサーは撮影素子の事で、かなり簡潔にいうと「センサーのサイズが大きければ大きいほど綺麗に写る」という認識でOKです。ちなみにiPhoneなどのスマートフォンは[1/3サイズ]ですが、それと比べると、[APS-C]は大体3倍弱ほど大きい。写真を比較すれば一目瞭然の違いだろう。特にiPhoneをデジタルズームで撮った場合は明らかにノイズが入ってしまう。イメージセンサーが大きいものだと、被写体や明るさにもよりますがズームでもほぼ劣化はしません。

写真に興味がある人は、一眼レフの道に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。
一人でも出来る趣味であるし、友達もいれば思い出も撮れます。

 

開封

leisureed_IMG_3888

無駄がない。

 

leisureed_IMG_3889

驚くほどにシンプルだ。

 

leisureed_IMG_3890

Xの文字の箱。無駄に凝ってます。

 

 

中身一覧

leisureed_IMG_3892

leisureed_IMG_3891

leisureed_IMG_3893

 

同封されていたものは

  • 充電器 + ACケーブル
  • バッテリー
  • USBケーブル
  • ストラップ
  • ストラップを保護するアクセサリー
  • 三角カン
  • 三角カンを通す補助具

だけとなる。三角カンが最初から付いてないのは意外や意外。
ちなみに前愛用していたNikon1 J5では最初からついていました。
三角カンだけでいうなら あちらの方が高級感があった。

 

本体を出す

leisureed_IMG_3894

leisureed_IMG_3895

leisureed_IMG_3896

真っ黒も気になっていたものの、個人的にはシルバーと黒の二色が王道なカラーというイメージ。昔のフィルムカメラはこの手のが多かったような気がします。思えば小学校の頃もFUJIFILMを使っていました。

 

leisureed_IMG_3897

leisureed_IMG_3899

ダイヤルは【ISO/シャッタースピード】が混合されている。
使いづらいと定評があるらしいが、基本はF値以外はほぼ自動で撮る為、そこまで気にならず。NDフィルター機能や三脚などを使い出したら、このダイヤルもガンガン使うかもしれない。

 

leisureed_IMG_3900

背面もシンプル。
ファインダーがあるのが良いと思っています。
OVFやEVFファインダーと複数機能がありますが、こちらも使うとしたら基本EVFで。
OVFもARみたいな感じで雰囲気はいいのですが、OVFの仕様上ピントがズレたりし、ボケ具合がわからないというデメリットもあるのでやはりEVFかも。
この機種は、OVFがウリらしいですけれども。

 

アクセサリー各種を装着する

leisureed_IMG_3901

X100Fを買うよりも前から買っていたアクセサリー各種。
商品のURLは記事末尾参照

 

アダプターリング+プロテクター

leisureed_IMG_3903

アダプターリングは高いと思いましたが仕方がない。
なぜ買ったというと、これがないとそもそもプロテクターがつけれないからだ。
仕方がないのですね。

 

leisureed_IMG_3905

まず付属のリングを外します。

 

leisureed_IMG_3906

取れました。簡単です。今後は使わないのでお蔵入りですね。

 

leisureed_IMG_3904

leisureed_IMG_3907

leisureed_IMG_3908

そして画像の順にアダプターリング→プロテクターをつける。
安さと実用性と品質に定評のあるKenkoのプロテクターだ。

 

シャッターボタンを装着

leisureed_IMG_3909

leisureed_IMG_3910

3つあるのは嬉しい事ですが、どれをつけるかが一番の迷いどころ。
当初は凹んでいる一番右のものと決めていたのだが…

 

leisureed_IMG_3911

あまりしっくりこない。(指に対して)

 

leisureed_IMG_3912

となると「盛り上がっているタイプ」「平らなタイプ」の2種類となるが、ひとまず盛り上がっているタイプを着用。これはこれで押しやすいかも。取れる心配は今の所なし。万が一取れてもあと2つあるか…

 

保護フィルムを貼る

leisureed_IMG_3913

leisureed_IMG_3914

貼った所。
気泡が左下にあるが、時間経過で勝手に抜けていくので気にしなくてOKだ。
最近のフィルムはどこも貼るのがお手軽になっている印象だ。

 

その後、使ってみて

シャッター音が大きすぎず、フィルムカメラを再現しているかのような音だが、評判は賛否両論。
(ジャリッ、とかチッとか。舌打ちみたいな音に聞こえるらしい?)
音を重視する人は残念な仕様かも。

画質に関しては申し分なく、メモリーカードも128GBを挿入しているので、これで気兼ねなくガンガン撮れます。

「RAWや長時間の動画撮影、撮影したら数日以内にはPCに移動する」
という人であれば容量や転送速度はそこまで重視しなくても問題なさそう。Class10あればひとまず問題はないので。

初期設定で時間がとられましたが、むしろガジェット系は初期設定している時も普通に楽しい。焦るといい結果にならないので時間をかけて設定を行いました。

そして色々撮ってみた所、スマホよりかは満足する写真が撮れるようになって非常に満足しています。iPhoneとの差別化でちょっと考えてましたが、iPhoneカメラは完全に咄嗟に撮っておかないといけないメモ用として使う事に。これでカメラの使い分けも完了だ。そして、X100Fは写真として収めておきたいものを撮る用だ。

鞄にもサッと入るので、特に用がなくても首に引っ掛けるか、持ち歩くようになりました。ここがミラーレスやフルサイズ一眼レフにはないメリットだと自分は感じます。

 

今回紹介した商品

 

【レビュー】X100Fを試すleisureed

↑今までで一番多いかも。

以前使用していたNikon1 J5と違い、X100Fはセンサー(APS-C)も倍ほどの大きさ。キレイじゃないわけがない。

ただ、Nikon1J5が若干大きくなった程度という認識なせいか、X100Fもミラーレス一眼レフと自分は思っていますが、カテゴリー的には高級コンデジという。言われてみればX100Fはバリアングル機能などもなく、エントリーモデルの一眼・ミラーレスによくあるギミック的なものはあまりない。

ただ、キレイに写真に収めておきたい人向け。
USB充電もできるので、バッテリーの面でもかなりお手軽かも。

この記事以降のレビュー記事の写真は、X100Fで撮っていく方向です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA