【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

Mac専用の動画編集ソフト「Final Cut Pro X
ショートカットキーや細かな使い方などを徹底公開!

昨今のインターネットは動画が主流となっています。
そして、動画といえばやはり編集作業は欠かせません
今回は使い方などを自身の備忘録も兼ねて記載します。

当初は「iMovie」でも全然いいと思っていたのですが、ファイルの使用制限などもあり、早急に使いづらさを感じ、即座にFinal Cut Pro Xを購入しました。結果的に段違いで使いやすいので、Macで動画編集ソフトであれば、間違いなく「Final Cut Pro X」がオススメです。

 

動画を扱うので、HDD/SSDの容量もディスクスペースが消費されてガンガン食われていきます。その場合は上記を参考に。

 

基本の画面、タイムラインの操作

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

  1. テキストの種類
  2. 文字の細かい装飾、サイズ、カラー変更
  3. 動画のプレビュー画面
  4. タイムライン、ここに動画や文字を実際に入れる所。

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

自身がダーツに行った時の動画。

Final Cut Pro X(通称FCPX)は動画編集ソフトなので、ひとまず動画を入れます。
動画をドロップすると、上記のようにわかりやすく長方形のウィンドウで表示される。
今後 テキスト、動画、単色背景なども同じように表示されるので
これが基本の操作するファイルの形となります。

タイムラインのショートカットキー

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

タイムラインのサイズを縮小したい時は
「Commandキー」「ーキー」

拡大したい時は
「Commandキー」 「^キー」 (※マイナスキーの横にあります)

頻繁に使う機能の一つです。また、これとは別に必ず覚えておいて欲しいショートカットキーがあります。それは

「Commandキー」「Zキー」

です。これは、使用中のモニターに合わせて、タイムラインを最大まで拡大してくれるものです。拡大キーを押しすぎて拡大しすぎる事もなく、一瞬でディスプレイに合わせてピッタリサイズを合わせてくれるので、非常に使いやすいショートカットキーのひとつです。

 

タイムライン内での動画の編集

使うショートカットキーはあまりなく、覚えてしまえば ほぼ直感的に使えると思います。

Nキー : スナップ

Bキー : ブレード (動画を指定した箇所でカットする)
Mキー : マーク (メモなど、スナップ用に目印など)

 

Spaceキー : 再生
Jキー : 巻き戻し
Lキー : 早送り (JキーLキー共に、どちらも押した数だけ加速する)

頻繁に使うキーは上記の通り。
NキーについてはスナップのON/OFF機能なのですが、これも地味に使います。
スナップはどういう機能なのかというと、磁石のようにカーソルをピタッと合わせてくれる機能。合わせてくれる箇所は

・動画の終始部分
・Mキーでマークした箇所
・その他、テキスト、画像の終始部分

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

 

 

NキーのON/OFF 比較動画

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

スナップ機能「ON」 (※ GIF動画です、動きます)

ONの状態だと、ピタッとくっつくので
「その箇所にテキストを入れる、その箇所をブレードでカットする」
の作業が非常にやりやすくなる。一方、微調整などをしたい時、凝った編集などをしたい時は少なからず他の動画が重なっており、その場合は「動画の終始」にくっつきすぎてやりづらくなる時があります。その場合はかえって邪魔になる時があるので、その場合はこの機能をOFFにした方が良いです。

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

スナップ機能「OFF」 (※ GIF動画です、動きます)

こちらが機能を切った時の状態。この時は全くくっつかないので、編集が非常にやりやすくなります。この機能もよく使う必須のキーのひとつです。


テキストの使い方

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

テキストモードにするには画像の「T」の所をクリック

3Dやクレジットなど様々なテキストがあるが、結構特殊なモノも多く使わないものもあるので、ひとまずは基本のテキストとなる右」「基本下三分の一」などを使ってみよう。上記の中にあるので探してタイムラインに貼り付けでも構いませんが、基本となるテキストにはショートカットキーがデフォルトで割り当てられているので、ショートカットで入力してみましょう。

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

頻繁に使うテキストの2つ。今でもメインでよく使います。

どちらでも問題ないですが、今回は「右」の方を使用します。
何故こちらかというと、ショートカットキーで打ちやすいのもありますが、このテキストは
フェードイン・フェードアウト (徐々にテキストが表示される機能) も含まれているので、あとは文字サイズや装飾を弄る程度だけで済むのでお手軽です。

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

この時にスナップ機能がONの状態だと、マークした箇所にテキストもつけやすいです。
実際のプレビューは下記を参照

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

デフォルトでは「名前/説明」となっています

あとは右で文字を入力し、好みの装飾に仕上げるだけで完了です。
文字のサイズを大きくするのであれば「Size」を変更
フォントを変えたいのであれば「Font」を変更など、この辺りは実際に触っていくと分かりやすいと思います。

 

また、テキストにさらに細かな編集を加えたい場合は

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

「文字入力部分」を下へスクロールすると、テキストの細かな編集部分があります。
試しにYoutubeのサムネイルでよく見かける
赤・黄色のゴシック系の太いフォント」などを。

 

文字の位置や向きを変えたい時

これは細かな操作は特になく、テキストをドラッグするだけでOKです。これだけで位置を好きな位置に配置可能です。
また、テキストの角度などを変更したい時は、別途操作が必要です。

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載 テキストを右クリックすると

変形
・クロップ (一部を隠したい時など)
・歪み (奥行きなどを生かした変形など)

の3種類がありますが、今回は「変形」を選択します。
変形を選択すると、テキストが白い枠で囲われ、真ん中にドラッグ可能なスライダーが表示されます。これをドラッグして調整するだけで完了です。

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

自在に動かせます (※ GIF動画です、動きます)

また、この変形などのショートカットは、テキストの他に
画像、動画のファイルにも使えます

 

 

試しにブログのタイトルロゴを挿入

自動的に中央最大化で配置されますが、これも先ほどの変形を応用しながらやっていきます。

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

「変形」で右下に持っていきます

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

「変形」の際に画像の周りに出てくる青い点々をドラッグして縮小し、完成です

 

実際の出来た動画

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

(※ GIF動画です、動きます)

右下が挿入した画像です。
文字はフェードインしていますが、画像はパッと出ているのが気になると思います。
この場合は画像にもフェードイン・フェードアウトを付け加えましょう。

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

フェードインを入れる場合のショートカットは
「Commandキー」+「Tキー」
となります。

(※ 選択したファイルの終始にフェードイン・アウトをつけてくれます)

 

フェードイン・アウトを入れた画像

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載

(※ GIF動画です、動きます)

フェードイン・フェードアウトで合わせたい時は、このフェードのショートカットで合わせていくといいかもしれません。

 

ショートカットまとめ

MEMO

タイムラインのサイズ関連

タイムラインのサイズを縮小
「Commandキー」+「ーキー」

拡大
「Commandキー」 + 「^キー」

ウィンドウに合わせる
「Commandキー」+「Zキー」

 

タイムライン内でのショートカット

Nキー : スナップ
Bキー : ブレード
Mキー : マーク
Spaceキー : 再生
Jキー : 巻き戻し
Lキー : 早送り (JキーLキー共に、どちらも押した数だけ加速する)

ファイルの角度などを変更

・変形
・クロップ (一部を隠したい時など)
・歪み (奥行きなどを生かした変形など)

タイトルテキスト
右 「Option」+「T」
基本下三分の一 「Control」+「Shift」+「T」

 

おわりに

一見難しいように見える動画編集も、蓋を開いてみればそうでもないと思います。
動画編集の練習は

自分で撮影した映像
(スマホなどでOK)

ゲームキャプチャーで取り込んだ映像
(キャプチャーボード、PS4内蔵キャプチャー)

などを使い、自分の趣味に合ったモノで練習を行いつつ
何をしたいか明確な目標があればメキメキ上達します。

 

自分で撮影した動画であれば

「結婚式のような映像を作りたい」
「Youtuberみたいな動画を」
「おもしろ動画を編集して作りたい」

などと、挙げ出せば多数あります。

 

ゲーム関連の動画であれば

「ゲームの格好いい編集をした動画を」
「凝った実況配信を〜」
「面白いシーンをまとめた動画を」

など。

 

私もPS4のゲーム動画を一時期作成していたので、そうなるとキャプチャーボードは必須アイテムです。勿論PS4+USBメモリ+PCだけでも出来なくはないですが、ただでさえ編集作業は時間がかかるので…こういう便利なアイテムを使って時間短縮をしたい所です。

面白動画海外でよくある「ゲーム名 moments」で検索すると多々あります。
個人的にはまだDead by Daylightに多少ハマっているのでdbd momentsをよく見てます。

 

紹介した商品

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載 Final Cut Pro X – Mac App Store

 

 

【初心者向け】Final Cut Pro X (FCPX) の使用方法、ほか色々な編集技術を掲載leisureed

動画編集は慣れてやりだすと、ハマって止め時を見失いがちです。
何故かというと、編集作業が楽しいからに尽きます。これはガチです。

見てくれる人がいる、と思うと動画制作するのも非常に楽しく、何かに取り憑かれたように編集するので、多分未だに自分が編集作業を行なっているヒカキンさんでさえ同じような状況かもしれません。

ちなみに、凝った編集となると

1分の動画1時間の編集 が必要」

と言われています。私も大体こんな感じですね……

普段使いであればまだまだiMac 5K(初期)で十分ですが
動画編集となるとそろそろiMac Pro辺りが…って思っちゃいますね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA