【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】Elgato Game Capture 4K60 Pro を試す。

ついに4Kキャプチャーボードが登場。

 

海外では発売していたものの、日本ではいつ来るか不明。ならいっそ海外Amazonで買うのもアリかな…と思っていた先に日本での発売が決定する。Elgatoキャプチャーボードのソフトウェアは使いやすいのはElgato capture HD60で既にわかっていたので、今回も問題なさそうという認識だった。

こちらを以前はMacで使っていた。Flashback機能録画が非常に優秀。大体2時間ほど遡って録画が可能
(PCに搭載されたメモリに寄る? ※ 検証環境はmemory 32GB)

 

 

・公式ページ、動作環境

 

 

【レビュー】Elgato Game Capture 4K60 Pro を試す。

【レビュー】Elgato Game Capture 4K60 Pro を試す。

https://www.elgato.com/ja/gaming/game-capture-4k60pro

 

 

最高ビットレートは 140Mbpsと異常なほどのビットレート。HDDの容量も大きくないとあっという間に無くなりそうなレベルだ。余裕があるならelgatoのキャプチャー専用のHDDが1TB以上あると安心だ。
600GB程空いてましたが、私は不安なので4TB HDD増設しました。

 

・先にHDDをサクッと増設

 

leisureed_DSC_4294 leisureed_DSC_4295 leisureed_DSC_4297 leisureed_DSC_4298 leisureed_DSC_4301 leisureed_DSC_4299

HDD 4TB

SATAと電源ケーブルを挿して入れるだけで、4TB HDDは無事認識。
システムで結構食われるのは多少痛いが仕方ない。

これでHDDの容量の不安はなくなったので、いよいよElgatoを装着する。

 

 

 

 

 

・Elgato capture 4K60 Proを開封

leisureed_DSC_4280

leisureed_DSC_4281

leisureed_DSC_4284

これが、PS4Proよりちょっとだけ高いキャプチャーボード。思ったより大きくはない。
後述するGTX1060と比べると多少小さめ。

 

 

・本体周り、付属品

leisureed_DSC_4286

leisureed_DSC_4287

leisureed_DSC_4288

leisureed_DSC_4289

端子もinとoutとシンプルに2つのみ。
ちなみにHDMIパススルー機能がある。このキャプボを繋げているPCの電源が付いて入れば
パススルー機能がちゃんと起きている事は確認出来た。

Elgatoの四角いシールもある。CPUでよくあるタイプのあのシール。とりあえずPC全面に貼りました。

 

 

 

・接続(GPUの下のPCI e 空きスロット)

leisureed_DSC_4290

leisureed_DSC_4291

leisureed_DSC_4292

接続はグラボを挿す容量でOK。上部分のグラボと比べると小さい。
以前着けていたZOTAC GTX 960と同じ大きさくらい?
熱が凄そうだ、と思っていたが、このTSUKUMOのAeroStream箱、思ってる以上に冷えるから問題はなさそう。

 

 

・Elgato Capture ソフトウェアをDownload

 

DL

今まではGame Capture for Windows(Mac) でよかったのだが、4Kだと左下のソフトウェアじゃないとダメらしい。つまり、いつもと違うソフトウェアを使う事になる。

Elgato 4k fhd

ちなみにいつも使っているソフトウェアを起動すると、一応ソフト自体は対応はしているのだが
やはり4Kは未対応。1080p以下だと使えるとの事。なので今回これは使わず。
4K Capture Utility for Windowsを使う。

 

Elgato 4K

4K Capture Utility for Windowsを起動した所。
もの凄く…無駄がない。

 

 

・実際にキャプチャーを試ししてみるYoutubeへアップロードを試してみる

 

 

 

 

4K60再生 Chromeブラウザのみ対応との事。

試しにアップロードした動画が上記の2つ。自分で確認、右下の設定をクリックして確認してみると…

 

Elgato 4KP60 Pro Wanda

2160p60 を確認。
(4K60)

いざ確認して見ると、PS4Pro+4Kで見るのとなんら変わりなく見れる。4K解像度の動画を自分でアップロードして、youtubeで見れてしまう、SNSで共有も出来てしまうのが凄い時代になったものだ。ましてやそれが、企業などではなく、一般の人達でも普通に作れてしまう所だ。ちょっとお金はかかってしまうが。
それにしても技術の進歩は恐ろしく早い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA