【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

Elgato Capture HD60 S+

elgato capture HD60 S+を試す

形は従来と遜色ないものの、端子がトレンドのものになっていたり、不要な機能は削除されていたりと最適化が行われている。

仕様など

HDMI (非暗号化)パススルー解像度
最高2160p60 HDR
キャプチャ解像度
2160p30, 1080p60 HDR, 1080p60, 1080p30, 1080i, 720p60, 576p, 480p
HDR
HDR 10ビットのパススルーとキャプチャ (HDRキャプチャは現在Windowsにのみ対応)
同梱物
HD60 S+, USB 3.0 ケーブル, HDMI 2.0 ケーブル

4Kの映像は一応キャプチャー出来るものの「2160p/30fps」となり、こちらはあまり使う事はないと思われます。実際に使うのは青字の箇所の
1080p60 HDR, 1080p60
が主に使用するソースです。

なぜ4Kが重視されていないか?

私も実際にelgato capture 4Kを使用していたのでわかりますが、実際4K映像かなり重いです。
光〜ギガ回線やハイスペックPCが主流になっているとはいえ、まだまだyoutubeで手軽に4Kを再生出来るようなコンテンツではありません。

関連記事

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す 【レビュー】Elgato Game Capture 4K60 Pro を試す。 【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す 【レビュー】AVerMedia AVT-C878 PLUS を試す (Macでの使用) 【4Kパススルー 対応】

youtubeで720p、1080pが実装された時も「重すぎて再生が出来ない」という声が多数でしたが、今では720p、1080p程度はPC/スマホどちらでも即時再生が可能です。キャリア回線のスマホでも余裕で可能なのは、回線と端末の進歩を感じます。

このように後5,6年も経過すればいずれ4Kもお手軽に再生出来る環境にはなり得る可能性は非常に高いですが、今ではないです。
4Kは確かにキレイですが、現状軽さや画質などを総合的に見ると1080pで十分ではあります。
話は逸れましたが、実際動画編集でも使いやすいのは1080pですので、現状はこのキャプチャーデバイスと別途ソフトウェアを使用 (後述) するがベストです。


開封

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

過去と比べると若干アイコンやパッケージは違いますが、ベースとなる形は変わりません。

 

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

USBも形が変わり、今風のUSB-Cになっています。
私的にUSB-Cな時点で好感触です。
持ちやすく、リバーシブルで、使い勝手がいい端子です。

 

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

箱裏にはPS4Pro。コンシューマーゲーム機を狙いとしているので、PS4シリーズやNintendo Switchであれば簡単に映像が映し出されます。

(PS4は繋げる前に、システムのHDCPという設定をオフにしないと映りません)
(Nintendo Switchは繋げたら即映ります)

 

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

中身は本体、USB-C、HDMI2.0ケーブル、あとシール。

 

【レビュー】elgato Capture HD60 S+ を試す

左から

【アナログジャック】
(声を入れたい場合、マイクを挿す。別途ソフトウェアを使用すれば音声は容易に入れられるので、ほぼほぼ使わない)

【HDMI (IN)】
PS4/Switchなどのゲーム機経由からのHDMIをここに挿す。


【USB-C】
ここからPCへケーブルを挿す。ココから映像がPCへ向かう事になる。


実際に使ってみて

Macであれば公式のGame Capture HDが必要です。かなり軽いのでオススメです。ただしMacのスペックがそれなりに必要ですが、ここ3-4年以内のMacであればほぼほぼ十分でしょう。

Windowsであれば公式の4K Capture Utilityが必要になります。なぜか上記の「Game Capture HD」は使用できません。UIがシンプルになり、録画ボタンのみとかなり使いやすいですが、その分良い機能(簡易動画編集、トリミング機能)が失われているので、私的には実質改悪されたような印象です。

Windowsであれば、初期設定が大変ですがOBSでやる方がいいでしょう。こちらだとかなり軽く、リプレイ録画を常駐させても負荷はほぼありません。

映像に関してはやはりフルHDの1080pは軽く、動画編集の際もサクサク動いて楽です。
書き出した映像に関しても、プレイした映像と全く同じと感じるほど遜色がないで、動画編集や映像を保管しておきたい人にはメリットしかないデバイスです。

あえて唯一の欠点をあげるとすれば、PS4からSwitchをプレイしたくなった場合、HDMI (IN) を抜き差ししなければならない所。そろそろ2箇所挿す場所があってもいいのではないか? と思うこともしばしば。


関連ページ・商品ページ

Elgato Capture HD60 S+

PCに直付したいのであれば、↓のがオススメです。値段もそこまで変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA