【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】Amazon Echo Dotを試す

アマゾンの音声認識アシスタント「Echo (Dot)」を試す

巷では意外にも「音声認識力が高く、使いやすい」と聞いているAmazonのEchoシリーズ。マイクも複数内臓されているので、そのおかげかもしれない。

まずはアプリをインストールしておく。

Amazon Alexa

無料
(2018.05.21時点)

App Store

posted with ポチレバ

 

 

leisureed_IMG_0377

leisureed_IMG_0378

 

青一色。
Alexaのイメージカラーが青だからだろうか。

 

仕様

Echo Dot

Echo

Echo Plus

価格¥ 5,980¥ 11,980¥ 17,980
特徴コンパクトサイズ高機能スピーカー付きスマートホーム・ハブ内蔵
スピーカーサイズ0.6インチ2.5インチウーファー/0.6インチツイーター2.5インチウーファー/0.8インチツイーター
Dolby デュアルスピーカーなしありあり
音楽のストリーミング再生対応あり対応あり対応あり
Bluetooth・3.5 mmステレオジャック接続対応あり対応あり対応あり
スマートホーム・デバイスと連携対応あり対応あり対応あり
内蔵スマートホーム・ハブによる簡単セットアップなしなしあり
サイズと重量32 x 84 x 84 mm、163g148 x 88 x 88 mm、821g235 x 84 x 84 mm、954g

 

開封

leisureed_IMG_0379

leisureed_IMG_0380

 

全体的にコンパクト。
USB電源、Microケーブル、本体、説明書のみとなる。
これらとは別に、冒頭に記載したアプリをインストールしたスマートフォンが必要になる。
スマートフォンでWi-Fi検索をし、Echoが発しているWi-Fiに繋ぐと準備完了。
あとはEcho側が家のWi-Fiに自動で繋げてくれる。

 

アレクサの声質(動画)

 

上記は初期設定の時の動作。

実際に「アレクサ」と言うと、リングが青く光り、音声を検知した位置が更に水色に光る。声のフォーカスもキチンとしてくれる。マイク4つ内臓は伊達じゃなかった。

 

 

使用した感想など

【レビュー】Amazon Echo Dotを試す

画像通り、部屋の橋でも簡単に認識するのは凄いと感じた。声を出す際にEchoの方に向けて喋れば、大体通じる。20mほど離れると、流石に気持ちそれなりに強めな声を出さなければならなかったが、10畳前後の部屋であれば、部屋の端から端まで難なく届くレベルだと思われる。

逆に感度がいい反面、自分以外の声も反応してしまうのが人によってはネックかもしれない。Siriとは違い、人の声を登録は不可能のようだ。

通話越しに「アレクサ」と言われると、ほぼ確実に反応する。それくらい感度は高め。

 

Echo – Alexa Skill

 

スキルをインストールすると、様々なものが使える。インストールというと手間がかかりそうに見えるが、実際はすこぶる簡単で、

PCだとオンオフ切り替えで即時適用

音声認識でする場合は言うだけで設定完了だ。

【レビュー】Amazon Echo Dotを試す

スキルの一部。例えば「アレクサ、Yahoo!ニュースを開いて」と言うと、Yahoo!ニュースが有効化される。

 

何故かファイナンス/銀行もある。「アレクサ、今の残高は?」「お金どのくらいある」とかいうダイレクトな音声コマンドもある。SkypeやDiscordの通話越しにこれをされると自分の残高がモロバレしてしまうので要注意だ。

よく使うものと言われると、現状は下記の通り。
青色は比較的よく使うもの。

  • タイマー
  • アラーム
  • ニュース
  • 天気
  • 〜駅
  • 528を流して
  • 駅すぱあとで「〜駅」から「〜駅」
  • 〜を注文(プライム会員限定だが、無会員でもカートに入れる所までは可能)

中でも一番いいと思ったのは「ハンズフリーでタイマー設定が出来る所」かもしれない。何故かと言うと、作業中や料理などで両手がふさがっている場合、わざわざタイマーに触るのは億劫になりやすい。例えそれが

 

「タイマーなんてキッチンタイマー押すだけでいいじゃない」
「タイマーなんてスマホで簡単にできるよ、PCでもアプリ入れれば出来るよ」



と言われても、実際に作業中にタイマーを起動させに行くのは億劫になる。熱中している作業であれば尚更だ。たった一瞬の事でも切り替えたくない時が…たまにある。
しかしEchoであれば両手がふさがっていても、口はふさがっていないので、この行動にそこまで手間には感じない。

 

ちなみに目覚ましなどのアラームは音声で止めないといけないので、必然的に声を出さないと止められない。電源を抜くとか電源ボタンを押すとか、そういう強硬手段もあるが、せっかくの音声端末でそんな本末転倒な事をする人はそうそういないだろう。
そして腹から声を出せば嫌が応にも目覚めるので、そうそう二度寝する事もなくなる。

タイマーとアラームは…オススメです。たががタイマー、されどタイマー。

ˇ

【レビュー】Amazon Echo Dotを試す

ちなみにˇ「〜をカートに追加」という音声コマンドもあるのだが、そちらだと「カートに追加しました」と言われるのだが、いざ確認して見るとカートに入れられていないので、不具合か、もしくは端末再起で直るのかいささか不明だが、現状確実にカートに入れられる「〜を注文」を利用している。プライム限定云々の音声が長いが、こちらのが確実にカートにいれてくれる。

 

台所などにあってもいいかな、とは感じた。
両手がふさがっている時こそ、音声端末が活躍している。

 

Amazon商品ページ

Amazon Alexa

無料
(2018.05.21時点)

App Store

posted with ポチレバ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA