【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【2018 – E3】Division 2のお披露目が今年のE3でお披露目。

Division 2がUBI (UK) の公式Twitterで告知される。

 

体験版を真っ先に触って「これは流行りそう」と思った結果あまり流行らず、ちょっとマイナーの域のゲームというイメージのゲーム。

DLCはシーズンパスを買っていたのだが、結果から言うと4つのうち1つの「サバイバル」 だけ はかなり面白かった。端的に言うと極寒野中、体力や空腹の管理をしながら生存するというサバイバルゲーム。他のゲームで例えるなら、PUBGやフォートナイトと類似しているジャンル「サバイバルゲーム」だろう。

注意
(※ 上記はあくまでこのDLCだけに対しての事です)

 

正式な発表などは2018年のE3、つまりは今年だそうで。
今回からはPS4Proもあるので、CS機でも60fpsはいけそうですね。

 

 

 

 

昔のDivisionの話とか

 

ゲーム自体はアクションRPGカッコTPSという内容なので、割と斬新なジャンルではあったと思う。このゲームをプレイして大勢の人が思った事が「この的HS(ヘッドショット) しても死なないのおかしくない?」だったらしい。一般的なFPS/TPSだと大体HSで高ダメージ or 即死なので、そう考えると割とおかしいなとは当時感じた。ただ、このゲームは一般的なFPS/TPSではないので、考え方を変えてプレイしないといけない。「よくある一般的なFPS/TPSではなく、アクションRPG(TPS)」なのだと。
そう考えると割とHSで即死しなくても特に不思議さは感じず。これがHP制のTPSか…

今ではアクションRPG(FPS)版の方が流行っているイメージ。いわゆるDestiny 2

 

【2018 - E3】Division 2のお披露目が今年のE3でお披露目。

【2018 - E3】Division 2のお披露目が今年のE3でお披露目。 Destiny 2 – ダウンロード版

 

DL版も何故か大幅割引中。

ゲーム自体は面白かったのだが、PC版だと60fps出せたりと「もしかしてPC版の方がいいのでは?」とどっちを買えばいいのか分からなくなったり考えたりする人も多くなってしまい、CS機は微妙な売上になってしまったのか、真意は不明だ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA