【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【アプリ】Discordの便利な機能や、オフラインのユーザー確認方法など

Discord オフライン 表示

 

PC / iPhone / Androidアプリ「Discord」
実装後と比べると、新機能が追加されており非常に便利に。他オフラインユーザーの確認方法等を公開

実装されて早4,5年ほど。あっという間に覇権を取った印象です。
それもそのはず、Skype時代に良かった機能と、欲しい機能がが全て盛り込まれているのだから。

起動が早く、使い勝手もよく、動作が軽く、ビデオ通話やライブ配信
(現在はWindows限定 : 名称はGo Live)
音質もセミヘッドホンのように軽く突き抜けており、ショートカットも充実。

逆に欠点はというと、一時期ゲームストア的な機能がありましたが、要望があったせいか重かったので削除されているので、それといった欠点は現状ほぼありません。
あとはそうですね、エラー落ちした経験は片手で数えれる位しかないです。

そんなDiscordですが、あれから別途使いやすい機能などが追加されています。他Yahoo知恵袋などでよく見かけたオフラインユーザーの確認方法などを掲載しています。

関連記事

【アプリ】Discordの便利な機能や、オフラインのユーザー確認方法など 【アプリ紹介】SkypeよりDiscordが優れている点は何よりも「アプリの動作が軽い」 【アプリ】Discordの便利な機能や、オフラインのユーザー確認方法など Xbox Live × Discordとの連携が発表、プレイ中のゲームの表示が可能になるかも?

↑ ※ Xbox oneは表示出来ますが、未だにPS4のゲーム表示機能はありません。色々難しい所があるのでしょうか…

 

追加されたDiscordの便利な機能

Discord Krisp ノイズ抑制

環境によっては非常に便利な機能。自動音量調整と違い、途切れる事もない。

この機能、PCゲームでカチャカチャと青軸をうるさくさせている人には非常に有効な機能です。

 

他、強化されたビデオ通話機能なども。リモートワークでこの機能を使う会社もちらほらいます。


相手が意図的にオフラインにしているか確認する方法

Discord オフライン バレる 確認方法

こういうのもあってか、Discordの記事を公開した頃、leisureed.netの方にも結構問い合わせがきました。

オフラインの確認方法があるかないかと言うと、実は結構昔からあります。
現状はPCだと確認出来ません。
前提としてスマートフォン、サーバーへの加入が必須です。

サーバーの詳細を確認する

Discord オフライン バレる 確認

確認しやすいように別途サーバーを作成し、テストアカウントを3つ程追加しました。

まずは人数を確認します。
オンラインが1人、オフラインが3人の合計4人であるのがわかります。
(大前提として、今回私のアカウントはオフライン表示にしてあります)

 

Discord オフライン バレる 確認

赤矢印に注目。オンライン状態は1人なのに、人数が1人多い。

右上の「…」をタップすると
オンラインが1人なので1人がオンラインという表示が正しいはずが
上記の画像を見ると2人がオンラインとなっています。

この表示に関してですが、この多い1人は誰かと言うと、自分自身がカウントされています。たとえオフラインでも、Discordは起動しているので内部的にはオンラインとカウントされている訳です。この機能をうまく使うと、消去法で誰がオフラインかがわかります。

 

おわりに

オンライン、オフラインを切り替えるのは面倒なので、私自身はあまり変えたりもせず普通に運用しています。オンライン表示がある方が相手も誘いやすい気はします。

ただ誘われすぎて辟易する時も稀にあるので、そういう時はオフライン表示…にしたりもしますが、それすらも面倒な時の方が多いのでサクッとアプリを切ってます。

便利なようで不便な時もあるオンラインステータス表示。
あまり気にしないのが一番かも。

 

・Discord App – ダウンロード

【アプリ】Discordの便利な機能や、オフラインのユーザー確認方法など

Discord app – [PC]

【アプリ】Discordの便利な機能や、オフラインのユーザー確認方法など

iPhone/iPad

【アプリ】Discordの便利な機能や、オフラインのユーザー確認方法などleisureed

つまりはオンライン表示のないChatworkが最強という事で。
うそです。Chatworkは通話関連がよわいです。

 

私的に、見た目や使い勝手を考慮すると

Discord > Slack > Chatwork

でしょうか。Discordは通話している人+声を発しているかがリアルタイムで可視化されているのが大きい。

Slack、Chatworkは大人数向けという印象。
Discordは多すぎず少なすぎないグループで使う印象です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA