【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】珪藻土バスマット「KUMORI」を試す

珪藻土 バスマット 感想・レビュー

珪藻土「KUMORI」を試す
足が即座にサラサラになる為、必須アイテム

バスマットはふんわり感があっていいものの、即乾性はない為、辛い所がありました。しかし2010年辺りから珪藻土というアイテムが販売されるようになり、足ベタベタ問題が徐々に解決されるように(※ 当初は4,000〜5,000円前後していました)

今回は買い替えた為、前珪藻土との比較も兼ねてのレビューです。

仕様

珪藻土 バスマット 感想・レビュー

珪藻土 バスマット 感想・レビュー

カラー8色
サイズ約60×39×0.9cm
素材珪藻土70% 植物繊維20% 石英砂10% EVA素材
珪藻土 バスマット 感想・レビュー

カラーラインナップは8色。内ロゴ入りが4つです。


実際に使ってみて

以前はニトリの珪藻土を使用していたのですが、アスベスト問題により使えなくなりました。一時期はどこのメーカーも珪藻土商品が発売されていませんでしたが、数年経過した今では普通に販売されています。

【レビュー】珪藻土バスマット「KUMORI」を試す 【レビュー】ニトリの珪藻土 (けいそうど) バスマットを試す

珪藻土 バスマット 感想・レビュー

実際に本商品を使った所。

水滴を帯びた足を当てた状態が上記画像です。足跡自体は1分程度で乾きます。その場で何度か踏み行為を繰り返すと、より早く乾かす事が可能です。

実際に前のニトリ珪藻土と比べると性能はそこまで変わりませんが、サイズが以前のより大きい為、思った以上に使いやすいです。またサイズが大きいと、その分触れる場所が多く乾かしやすい為、予算と設置場所に困る事がなければ大きいサイズがおすすめです。

関連ページ・商品ページ
leisureed
leisureed

珪藻土バスマットといえば文字通り脱衣所用に思えますが、デスクの下に置くと常にサラサラで気持ちがいいです。足がべたつきやすい人はデスク下に置いて使ってもいいかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA