【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【プレイレビュー】β版 -ドラゴンボールファイターズを試す

ドラゴンボールファイターズをプレイした感想など。

 

 

 

 

結果から言うと自分的には高評価で、DL版を購入したい気持ちが抑えられなかった。

 

動画やPVで見る限りで思ったことは
「アニメと遜色ない格闘ゲーム」
と真っ先に思えた。

体験版、β自体は人が殺到して繋がらなくなる事が多々あった。知名度があるゲームほど人が殺到してサーバーの応答がなくなるのはもはや恒例行事。それに比べると同じ知名度の高いモンスターハンターワールドの体験版は全くそんな事がなかったので、あちらはかなりサーバーを増強していたのだろう。流石である。

β版自体はマッチングしない等、不具合が大量にあったが、文字通りβなのでこれくらいは仕方なし。
問題、気になる箇所ははマッチング部分と対戦部分だけだ。
そしていざマッチングして対戦を行なった。イントロ画面などは原作/アニメをなぞったようなシーンが多く、原作ファンにはアツい展開だ。3 vs 3 で交代制のシステムで、HPが1になるとK.O画面になり、即座に残りのキャラと交代。そしてバトル再開。
これをどちらかの使用キャラクターが0人になるまで繰り返すタイプの格闘ゲームだ。

肝心のβは想像通りの操作感で、まさに
「アニメを見ながら操作も行える具合の格闘ゲーム」
になっていた。もちろんアニメと同じシーンもあるので、さらに没入感は増すだろう。見ている側もプレイする側も、原作ファンや格ゲーファンも盛り上がること間違いなし。だと感じた。

それにより、格ゲーの世界大会でも取り上げられればかなり盛り上がりそうだ。外人はドラゴンボール大好きな人達が多い
知名度的にはストリートファイターと互角ではないだろうか。特にドラゴンボールという漫画/原作を認知している人はかなり多い。
仮に世界大会等になったとしても、格闘ゲームの知らない一般の人でもキャラクターや意味合いなどがすぐにわかるので、ある意味観戦に向いているゲームになりそうな気配がある。

 

当時のアニメ(90年代)と比べると「むしろこっちがアニメでいいのではないか」という具合の良出来で、とんでもないくらい品質が良い。UE4でアニメチックなモデリングができてる時点で凄いのだが、それを違和感なく完成させているアークシステムの技術力もとんでもないレベルだ。

アーク特有の「ボタン連打で簡単コンボ」や「ワンボタンだけで派手なアクション」も可能なので、触っているだけで面白い。
ストーリーをなぞるようなアーケードモード的なオフラインが充実していれば、オフラインだけでも十分楽しめそうだ。

それに、今回は海外レビューの数値も高めである。
格ゲーにしてはかなり高い。

アーケードコントローラーがあれば更に楽しめるだろう。

ただ、ガチャ音、パチパチ音がうるさいのがネック。家によっては使えないかもしれない。

そういう場合は静音アーケードコントローラーを使うのがいいだろう。あちらはいくらか音を抑えてくれるので中々悪くない。

ただ「かなり音を抑えてくれる」わけではなく「気持ち程度ガチャ音、パチパチ音を抑えてくれる」程度のもの。

静音だからと言って完全に無音になるわけではないので、あまり期待せずに…。

PS3モデルで愛用していたファイティングエッジ刃。今回ようやくPS4番が出たので楽しみだ。
使いやすかったものの、全体的に大きめなのでそれだけがネック。
ただ、当時隼ボタンなどはファイティングエッジしかなかったのだが、今となっては通常アケコンも隼仕様になっているので、今となってはあえてこちらを買う必要が特にない。違いは見た目だけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA