【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】AVerMedia AVT-C878 PLUS を試す (Macでの使用) 【4Kパススルー 対応】

AVerMedia Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS 【4Kパススルー対応】を試す。

4Kでプレイしつつ、1080pで録画も可能。
PC不要でキャプチャーも可能。

お手軽かつ、実用性のあるキャプチャーボードとなる。

類似記事

【レビュー】Elgato Game Capture 4K60 Pro を試す。

 

Elgato 4K60と比べると、個人的にはAVT-C878 PLUSには4Kパススルー 機能があるというのが一番のメリット。勿論他にもメリットは勢揃いだ。

・4Kパススルー 機能

 

・PC録画モード / 単体録画モード の 2種類録画がある

 

・PS4VCなどの録音も可能

 

・ソフトウェア(RECentral 3 or 4)が優秀。
(※ 現在Windowsのみ)

 

・OBSにも勿論対応
(※ Win / Mac対応)

 

 

 

開封

leisureed_IMG_0567

あまり大きくはなく、スマートフォンのような箱だ。
iPad miniより小さく、iPhone 6s Plusより大きいといった所だろうか。
左の4Kの文字が際立つ。

 

 

leisureed_IMG_0568

手で握れるほどのサイズ。三角なので握りやすく、持ち運びも容易だ。
真ん中の逆三角形のボタンは「単体モード時の録画ボタン」となる。

 

 

leisureed_IMG_0569
leisureed_IMG_0570
leisureed_IMG_0571

ケーブルは4Kパススルー をするくらいなので、やはりHDMI Premiumが導入。

USB-Microケーブル
は長すぎず短すぎないというお手軽の長さ。メッシュ編み込みもされているので耐久性は高そうだ。

イヤホンジャック-アナログ端子は、自分の声やPS4VCを録音する時に使うもの。
私は使わないのでこのままで。

 

 

leisureed_IMG_0572

左からHDMI OUT / IN / MircoUSB / SDMicroカード。
IN部分にPS4を挿し、OUT部分にモニターのHDMIを挿す。

 

 

起動

leisureed_IMG_3337
leisureed_IMG_3338

無事起動。ドライバーレスなので挿すだけで準備完了だ。
そして右下の左右にずらすスライドスイッチ。3種類の項目があるが以下の通り。

【PCモード(ReCentral / OBSなどのソフトウェア必須)】
【単体録画モード(SDカードが必須)】
【カードリーダーモード】

まずはSD microカードでの単体録画を試してみる事にする。

 

SD microカードでの単体録画

【レビュー】AVerMedia AVT-C878 PLUS を試す (Macでの使用) 【4Kパススルー 対応】

録画の際は「真ん中」にスイッチを合わせるだけで準備完了。あとはボタンを押すだけでOKだ。PCもいらない。これほど手軽なキャプチャーは他にはないかもしれない。

ただ、SDカード故に抜き差しが発生するのが手間、億劫だ。しかし開発会社もその一手間があるのを見据えており、本機にはカードリーダーモードというのがある。こちらに切り替えると文字通りカードリーダーモードになるので、PC/Macに自動的に認識される。
認識されるのには多少時間がかかり、計測して見た所、大体16-18秒程だった。

ファイルは.MOV形式となり、mp4とウリ二つのアレだ。
mp4同様に汎用性は高めで軽く、使いやすい。

 

 

カードでの単体録画はどれくらい録画可能なのか

【レビュー】AVerMedia AVT-C878 PLUS を試す (Macでの使用) 【4Kパススルー 対応】

肝心の録画時間は上記の通り。
8GB以下でもない限りはそこまで不安になる事はないかもしれない。
長時間録画を頻繁にするのが分かっているのであれば勿論大容量が良いし、細々と小さいのをとっていくタイプであればあまり要らないのかも。

個人的には「32GB前後」で十分と思います。

「SD micro カードの容量がそろそろ少ない」という時は本体が赤く早めに点滅するので、モニターの下に置いてプレイしているのであればわかりやすいと思われる。

 

 

単体録画の問題点

この現象は前々から気になっていたのだが、いくら調べても出てくる事はあまりなく。
出てこないという事は多分ほとんどの人はPC録画モードでやっているからだろうという結論。

さて、単体録画での問題点はというと以下の通りだ。

 

左が単体録画 右がPC

 

単体録画は「黒の濃さや、全体的な色合いが強い」と言う印象が見られる。

実際に見ている画面に近いのは右の画像なので、左は多少違和感を覚える。

 

動画で単体録画モードを検証

 

単体録画は、かけてもいないのにHDRがかかったかのような感じになっている。
これを良い点ととるか、悪い点ととるか。自分は悪いと感じた。

ただ、ゲームによっては単体録画の画質の方がいいのかもしれない。
しかしながらゲームによって毎回それを気にするのも疲れるので
いつも通りの画面をキャプチャーしたいのであれば、無難にPC録画をオススメします。

 

しかし手軽さは捨てがたい。
「PC録画/単体録画」の使い分けというカンジでいいかもしれません。

 

 

Macでの録画 (OBS)

【レビュー】AVerMedia AVT-C878 PLUS を試す (Macでの使用) 【4Kパススルー 対応】

MacでRECentral 3 or 4は使えないので、今回はOBSを使う。
しかしその前にMac用のアプリ「AVT-C878PLUS_SettingTool」を使う。
あまり細かい設定はなく、本体の設定を弄るタイプのアプリなので、一度やったら早々起動することはないと思われる。

【レビュー】AVerMedia AVT-C878 PLUS を試す (Macでの使用) 【4Kパススルー 対応】

 

その後にOBSの設定……OBSの設定はかなり細かく、これこそ「人による」アプリだと思えるので、ここは省略。
elgatoシリーズでいうflashback機能的なリプレイ録画もあるので、見逃した箇所の録画も出来るのは大きい。

設定を記載すると長くなるので結果から言うと 無事にMacでも使用は可能。(iMac 5Kでの環境)

 

使用中の本体写真

leisureed_IMG_3339
leisureed_IMG_3344

何もない時は青色に点灯。
赤い時が動作やエラー関連の点灯だ。

 

終わりに

「4Kパススルー / 1080pキャプチャー」「PC不要で録画」
がウリのAVT-C878 PLUS。

1080pのキャプチャーボードならelgato capture HD60シリーズなどがあるが、あちらは4Kパススルー に対応しておらず。対応していないという事は、わざわざPS4Proの解像度を1080pへ下げておかないと使えない。

たががそれだけですが、それが一手間。

 

 

Windowsであれば

・RECentral 4 (Win10のみ)

・RECentral 3 (Win7〜)

 

が使えるので、間違いなくwindowsで使った方が便利 なキャプチャーボード。

ですが、最近はMacユーザーも多いので、あえて今回はMacで試していきました。いろいろ調べても現状は「Macでも4Kパススルー に対応しているキャプチャーボード」というとやはり現状コレしかなく。

(※ 記事執筆時 2018/09/17)
現時点ではMacだとRECentralが使えません。

 

製品紹介の公式動画

 

製品URL : AVT-C878

 

商品ページ

 

【レビュー】AVerMedia AVT-C878 PLUS を試す (Macでの使用) 【4Kパススルー 対応】leisureed

手軽に4Kパススルー対応 で1080p (Full HD) 録画が出来るのは現状これだけだと思います。PS4Proで気になっている人はアリかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA