【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

【レビュー】Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (Macbook/iPhone/Android/iPad/各種対応 急速充電器)を試す

Anker PowerPort+ 5 USB-Cを試す。USB-CにPD機能があるので充電速度が早めの製品

 

USB-CにPD(Power Delivery)を搭載したAnker急速充電器。
その他4ポートもあるので、これひとつがあれば、充電に困る事はないだろう。
(コンセントがある場所に限る)

USBタイプC から対応した USB PD を使うと、最大で 100W(20V/5A)

出先で行動や機器の仕様頻度などが決まっているのであれば、あえて重くなるモバイルバッテリーは持たず、急速充電器だけを持ち歩く人なども多い。つまりは一日の終わりにガジェットを充電するタイプだ。勿論コンセントのある新幹線、喫茶店などで急速充電も可能なので、バッテリー容量が不足している時はガンガン充電していこう。

注意
喫茶店やファミレスなどで充電する際は、店先からの許可を得てからしましょう。

 

 

仕様など

 

  • 急速充電:USB-C Power Deliveryに対応し、新しいMacBookなどのUSB-C対応機器も急速充電が可能。iPhone X / 8 / 8 PlusやiPad Proへの急速充電も可能です。その他のポートでは、Anker独自技術PowerIQにより、接続された機器を自動的に検知し、スマートフォン、タブレット、その他USB機器に急速充電が可能です(1ポート毎最大2.4A)
  • PowerPort+ 5 USB-C PD
    プレミアム5ポートUSB/USB-C急速充電器
    製品寸法:約103 x 78 x 28mm 製品重量:約212g
    入力:100-240V~1.7A 50-60Hz
    PowerIQ 出力 :5V == 6A(各ポート最大2.4A)
    USB PD出力 :5V == 3A / 9 V == 3 A / 15 V == 2 A / 20 V == 1.5 A
  • Power Delivery搭載USB-C
    新しいMacBookに、通常のUSB-C充電の約2倍、29Wの最大速度で充電可能。MacBook、スマートフォン、タブレット、そのすべての充電をこれ1台で。iPhone X / 8 / 8 PlusやiPad Proへの急速充電も可能です。
  • PowerIQ
    通常のUSB4ポートには、Aneker独自技術PowerIQとVoltageBoostが搭載されており、あらゆる機器に最大速度での充電を可能(各ポート最大2.4A)。※ そのため、お使いの機器がUSB-C機器でない場合も急速充電が可能です。
  • 5ポート
    Power Delivery搭載のUSB-Cポートが1つ、PowerIQ搭載の通常のUSBポートを4つ搭載。最大5つの機器を同時に急速充電を行うことができます。
  • マルチ保護システム
    サージプロテクターや温度管理など優れた機能を搭載し、長期間安心してお使いいただけます。
  • 洗練されたデザイン
    光沢が美しく頑丈なアルミニウム合金製のパネルを外面に採用。上質な見た目と手触りを失うことなく、高い耐久性を実現しました。
  • 世界でも名高い製品保証
    Ankerは弊社製品に絶対の自信を持っています。そのため、18ヶ月保証と品質の高いカスタマーサポートを全ての製品に提供しています。
  • 非対応機種
    – Samsung Galaxy TabPro S
    – HP Spectre x2
    – Nintendo Switch

パッケージ

 

leisureed_IMG_0334

パッケージはいつものAnker。簡素で無駄がない感じのもの。

 

 

開封

leisureed_IMG_0335

見た目も画像通りのもの。サラサラとした包装紙に包まれている。
上にはケーブルとシールが入っている。

 

leisureed_IMG_0336

本体、ケーブル、3Mの接着シール。
シールは家で使う用の為のシールだと思われる。
(卓上や壁などに接着して使う場合)

 

leisureed_IMG_0337

表面はアルミ加工されており、多少高級感がある感じだ。
USB-C (Power Delivery対応) ポートは上部の青い部分なので非常にわかりやすい。
下記の4ポートもIQ対応で平均的な充電アダプターよりは高速充電可能だ。

尚、充電する為のケーブルなどは一切ないので、あらかじめ準備しておかないといけない。

 

 

leisureed_IMG_0338

ケーブルは丁度タイムセールだった AUKEY USB-C 3.0 のものを使用。

 

leisureed_IMG_0339

挿すだけでOK。
LEDが点灯するとか、そういう類のものはなし。
せっかくのUSB Power Deliveryの水色が見えないのは多少残念な気もする。

 

leisureed_IMG_0340

手持ちのMacbook Pro 13inchに挿した所。
純正となんら変わりなく使用可能。

肝心の充電ワット数は下記。

 

 

Anker Powerport + 5 USB-C PD」での充電速度、表示ワット数など

 

【レビュー】Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (Macbook/iPhone/Android/iPad/各種対応 急速充電器)を試す


結果は上記の通り

[30W] で充電が可能となり、純正よりは遅いが出先で使う分には早い方だと思われる。

 

 

「Apple純正アダプター」「その他/急速充電器」での充電速度、表示ワット数など

【レビュー】Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (Macbook/iPhone/Android/iPad/各種対応 急速充電器)を試す

ちなみに普通の「USB 2.0ーUSB-C」などで充電すると…
わずか [12W] での充電となる。スリープ状態の充電であれば一応増えていくが、充電しっ放しで使うと消費電力の方が多く、充電が追いつかない状態となる。

 

 

【レビュー】Anker PowerPort+ 5 USB-C Power Delivery (Macbook/iPhone/Android/iPad/各種対応 急速充電器)を試す

そして純正の充電器だと[60W] 表記となる。
公式の純正アダプターという名称も表示される。
本当はApple純正アダプターを携帯していくのが一番…なのだが、充電ポートがひとつしかないのがネック。手持ちに他のデバイスが複数ある事を考えると、Ankerなどの複数急速充電器などのほうが利便性が高く、他の人にも使用させてあげたりも出来る。旅行や出張などで誰かがこの手の急速充電器を1つ持っていると非常に重宝されるだろう。

 

 

商品ページ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA