【TGS 配信スケジュールまとめ】TOKYO GAME SHOW 2021 (ONLINE) – 9月30日から開催開始!

[4K/HDR対応] で10万円を切るモニターが発表される。 [27UK650-W]

手が届きやすい、4KHDRの中では割と格安なモニターが発売。

「27UK650-W」は4K(3840×2160ドット)パネルを採用する27型。

映像入力はHDMI×2、DisplayPort。予想実売価格は7万4500円前後。

HDR10対応。

 

 

主な機能

  • HDR 10対応

  • sRGB 99% (標準値)

  • 3辺フレームレスデザイン

  • HDCP 2.2

  • AMD FreeSync™ テクノロジー

液晶パネル

画面サイズ 27インチ

アスペクト比 16:9

パネル・タイプ IPS

表面処理 ノングレア

有効表示領域(幅×高さ) 597×336 (mm)

解像度 3840×2160

画素ピッチ 0.1554×0.1554 (mm)

表示色 約10.7億色

視野角(水平/垂直) 178° / 178°(CR≧10)

輝度(標準値) 350cd/㎡

コントラスト比 最大5,000,000:1 (通常1,000:1)

応答時間(ms) 5ms(GTG High)

色域 sRGB99%(標準値)

 

 

 

4Kモニターは比較的安価になりつつあるが、HDR対応となるとまだ途端に跳ね上がる。
4K+24〜27inchで35,000円〜50,000円というイメージ。
そこにHDRやType-Cなどが加わるとほぼ100,000円を超えてしまう。
値上がる要素が多分この2つだと思う。

正直モニターに100,000円はちょっと…という抵抗は多少ある。何故かと言うと、まだHDRの凄さをこの目で見ていないからである。4K動画をFull HDモニターで視聴しても違いがそこまでわからないのと同じく、HDR未対応でHDR対応の動画を視聴しても「ああ、彩度高いな」程度の認識しか出来ないのだ。

これが発表される以前から気になっていた4K/HDRモニターはと言うと
LG製品の「32UD99-W」

 

 

32UD99-W

値段が張るものの、後に試したいと言う気持ちもあり、機能的には申し分ないので候補には入れておいたもの。しかし今回格安で高機能な4K/HDRが出たので…

後、他にもDELLも一応格安で4K/HDRが70,000円程であったのだが、以前ハズレを引いてサポートがえげつなかったので考慮に入れず。

モニターは全て27inchで統一して愛用しているので、仮にこの32inchを選ぶと
「これちょっと大きすぎるな…」
「いや1時間くらい使用したら小さい というかコレくらいで丁度いいかも」
というのをまた体験出来てしまう。
27inchが小さくなってしまう錯覚を覚えてしまう。

上記で述べたモニターは4K/HDRに尚且つType-C端子がついている。コレは必要な人は必要かもしれないけれど、不要な人からしたらまだまだ全く必要のない端子。モニター直差しタイプのType USB-Cの場合は特に。

給電や画面出力機能があるので、最新のMacbook系列には最適かも。個人的にはあれば良いなー使ってみるかなーとは思うが、なければ別にまだいいかな、というのが心情。

USB-C不要なので、それを省いた4K/HDRモニターは出ないものか…と思った矢先に….タイトルの通りである。

69,000円(税別)なので、実売価格は74,520円。

Amazon特有の値下げをされる事を考慮されると、Amazonで72,000〜69,800円くらいにはなりそう。

4K/HDRモニター対応で100,000円切ってるのは非常に大きい。

 

 

 

[追記]

安価なモデルもあるようで。
とはいってもこちらはピポット機能や高さ調整が無いだけのもの。
【Amazon.co.jp限定】タイトルで販売されている方が安い。

今回紹介したのが

27UK650-W

 

安価な方が

27UK600-W

 

数字を650から600、ただ-50引いただけなので覚えやすい。
ピポット機能や高さ調整が不要であれば安価な方で十分だろう。
ただ、安価といっても -2,000円 弱しか変わらない。
あれば便利だが無くても良い。
モニターアームを所有している人は安価モデルで十分だと思われる。
ない人は…ピポットと高さ調整は個人的にはあった方がいいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA